セッション情報

シンポジウム

第51回・2013年・京都
シンポジウム
シンポジウム08
がんチーム医療と多職種連携:腫瘍看護師・腫瘍薬剤師
開催回
第51回・2013年・京都

京大がんセンターにおけるチーム医療の実際:臨床腫瘍医の役割

演題番号 : S8-1

松本 繁巳:1、武藤 学:1

1:京都大学医学部附属病院 がん薬物治療科

京大がんセンターにおけるチーム医療の実際:臨床腫瘍医の役割

がん化学療法における看護師の役割

演題番号 : S8-2

浜辺 陽子:1

1:京都大学医学部附属病院 看護部

がん化学療法における看護師の役割

がんチーム医療における薬剤師の役割

演題番号 : S8-3

飯原 大稔:1

1:岐阜大医病 薬剤部

がんチーム医療における薬剤師の役割

制吐薬適正使用ガイドラインはチーム医療に貢献したか-アンケート結果からの考察-

演題番号 : S8-4

佐伯 俊昭:1、相羽 惠介:1、田村 和夫:1、青儀 健二郎:1、飯野 京子:1、今村 知世:1、江口 研二:1、沖田 憲司:1、加賀美 芳和:1、田中 竜平:1、中川 和彦:1、藤井 博文:1、朴 成和:1、松浦 一生:1、和田 信:1、明智 龍男:1、金 容壱:1、佐々木 秀法:1、志真 泰夫:1、高橋 信:1、武田 真幸:1、永崎 栄次郎:1、西舘 敏彦:1、竹内 英樹:1、石岡 千加史:2、平田 公一:3

1:日本癌治療学会制吐薬適正使用ガイドライン改訂ワーキンググループ、2:日本癌治療学会がん診療ガイドライン委員会、3:厚生労働省厚生労働科学研究費補助金(がん臨床研究事業)「がん登録からみたがん診療ガイドラインの普及効果に関する研究-診療動向と治療成績の変化-」(平田班)

制吐薬適正使用ガイドラインはチーム医療に貢献したか-アンケート結果からの考察-

診断・治療期からの緩和ケア ~看護師の立場から~

演題番号 : S8-5

藤原 由佳:1

1:神戸大学医学部附属病院 看護部

診断・治療期からの緩和ケア ~看護師の立場から~

緩和ケアにおける薬剤師の役割

演題番号 : S8-6

森 英樹:1

1:岡山赤十字病院 薬剤部

緩和ケアにおける薬剤師の役割