セッション情報

シンポジウム

第51回・2013年・京都
シンポジウム
シンポジウム07
がん研究の透明性と出版倫理
開催回
第51回・2013年・京都

臨床研究における倫理原則

演題番号 : S7-1

藤原 康弘:1

1:国立がん研究センター 企画戦略局

臨床研究における倫理原則

臨床研究における倫理とCOI:法的観点から

演題番号 : S7-2

平井 昭光:1

1:レックスウェル法律特許事務所 所長

臨床研究における倫理とCOI:法的観点から

JSCO・JSMOにおける「がん研究における利益相反指針」

演題番号 : S7-3

仲田 文造:1

1:市立柏原病院 外科

JSCO・JSMOにおける「がん研究における利益相反指針」

診療ガイドラインの利益相反管理

演題番号 : S7-4

新保 卓郎:1、秋元 哲夫:2、岡本 好司:3、岡本 高宏:4、弦間 昭彦:5、佐藤 温:6、柴田 浩行:7、下妻 晃二郎:8、高橋 理:9、松井 邦彦:10、真弓 俊彦:11

1:国立国際医療研究センター臨床研究センター医療情報解析研究部、2:独立行政法人国立がん研究センター東病院臨床開発センター粒子医学開発分野、3:北九州市立八幡病院消化器・肝臓病センター外科、4:東京女子医科大学医学部内分泌外科/公衆衛生学II、5:日本医科大学内科学、6:弘前大学大学院医学系研究科腫瘍内科学講座、7:秋田大学大学院医学系研究科腫瘍制御医学系臨床腫瘍学講座、8:立命館大学生命科学部生命医科学科、9:公益財団法人聖ルカ・ライフサイエンス研究所臨床疫学センター、10:山口大学大学院医学系研究科情報解析医学系学域総合診療医学分野、11:産業医科大学医学部救急医学講座

診療ガイドラインの利益相反管理

がん研究の出版倫理とIJCOにおけるマネージメント

演題番号 : S7-5

小西 郁生:1

1:京都大学大学院医学研究科婦人科学産科学

がん研究の出版倫理とIJCOにおけるマネージメント

企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドラインについて

演題番号 : S7-6

花輪 正明:1

1:日本製薬工業協会 医薬品評価委員会

企業活動と医療機関等の関係の透明性ガイドラインについて

医学研究にかかる産学連携の透明性:メディアの視点から

演題番号 : S7-7

浅井 文和:1

1:朝日新聞東京本社 科学医療部

医学研究にかかる産学連携の透明性:メディアの視点から