セッション情報

パネルディスカッション

第51回・2013年・京都
パネルディスカッション
パネルディスカッション03
がん患者超高齢化時代におけるがん患者のケアに対する社会への発信
開催回
第51回・2013年・京都

はじめに

演題番号 : PD3-1

西山 正彦:1

1:群馬大・院医・医科学専攻病態腫瘍制御学講座病態腫瘍薬理学分野

はじめに

未踏高齢社会で大転換するがん診療の意義---ケアサイクルの医療からみて

演題番号 : PD3-2

長谷川 敏彦:1

1:日本医科大学 医療管理学教室

未踏高齢社会で大転換するがん診療の意義---ケアサイクルの医療からみて

超高齢者対策からみたがん患者ケアの方策―我が国の医療制度で支えるべきもの

演題番号 : PD3-3

林 修一郎:1

1:厚生労働省 健康局 がん対策・健康増進課

超高齢者対策からみたがん患者ケアの方策―我が国の医療制度で支えるべきもの

高齢者がん診療における医師会の役割

演題番号 : PD3-4

道永 麻里:1

1:日本医師会

高齢者がん診療における医師会の役割

超高齢者がん患者とその家族は何を望むか?

演題番号 : PD3-5

天野 慎介:1

1:一般社団法人グループ・ネクサス・ジャパン

超高齢者がん患者とその家族は何を望むか?

メディアからの視点

演題番号 : PD3-6

永山 悦子:1

1:毎日新聞社 科学環境部

メディアからの視点

特別発言

演題番号 : PD3-7

野田 哲生:1

1:日本癌学会理事長

特別発言

まとめ

演題番号 : PD3-8

門田 守人:1

1:公益財団法人がん研有明病

まとめ