セッション情報

パネルディスカッション

第51回・2013年・京都
パネルディスカッション
パネルディスカッション01
がん経験者(がんサーバイバー)とその家族の自主的活動への支援
開催回
第51回・2013年・京都

がん哲学外来〜偉大なるお節介の勧め:日本国の処方箋〜

演題番号 : PD1-1

樋野 興夫:1

1:順天堂大学医学部 病理・腫瘍学講座

がん哲学外来〜偉大なるお節介の勧め:日本国の処方箋〜

がん経験者と家族の自主的活動-医療者はどう貢献できるか

演題番号 : PD1-2

高橋 都:1

1:国立がん研究セ がんサバイバーシップ支援研究部

がん経験者と家族の自主的活動-医療者はどう貢献できるか

がんを通して回生する家族

演題番号 : PD1-3

堂園 晴彦:1、神田橋 條治:2

1:堂園メディカルハウス、2:伊敷病院

がんを通して回生する家族

岩手県北上市のがん患者会「ペイシェントアクティブびわの会」の活動

演題番号 : PD1-4

髙橋 みよ子:1

1:ペイシェントアクティブ 「びわの会」

岩手県北上市のがん患者会「ペイシェントアクティブびわの会」の活動

鹿児島県におけるピアサポートの取り組み

演題番号 : PD1-5

三好 綾:1

1:NPO法人がんサポートかごしま

鹿児島県におけるピアサポートの取り組み

がん対策に参加し、成果の促進を支えるがん患者関係者

演題番号 : PD1-6

埴岡 健一:1

1:特定非営利活動法人 日本医療政策機構 市民医療協議会 がん政策情報センター

がん対策に参加し、成果の促進を支えるがん患者関係者