セッション情報

一般演題(示説)

第51回・2013年・京都
一般演題(示説)
示説88
胆道
開催回
第51回・2013年・京都

進行再発胆道癌に対する化学療法

演題番号 : P88-1

宗岡 克樹:1、白井 良夫:1、佐々木 正貴:1、坂田 純:2、神田 循吉:3、若林 広行:3、若井 俊文:2

1:新津医療センター病院 外科、2:新潟大学大学院 消化器・一般外科学分野、3:新潟薬科大学 薬学部 臨床薬物治療学

進行再発胆道癌に対する化学療法

GC療法不応進行再発胆道癌に対する、二次治療としてのS-1療法の検討

演題番号 : P88-2

津村 英隆:1、武川 直樹:1、澤井 寛明:1、坂井 文:1、櫛田 早絵子:1、三村 卓也:1、坂本 岳史:1、飛松 和俊:1、山本 佳宣:1、三木 生也:1、津田 政広:1、井口 秀人:1

1:兵庫県立がんセンター 消化器内科

GC療法不応進行再発胆道癌に対する、二次治療としてのS-1療法の検討

肝内胆管癌に対してTS-1+CDDP肝動注化学療法が著効した1例

演題番号 : P88-3

蛯澤 記代子:1、山崎 慎太郎:1、山岸 俊介:1、黒川 友晴:1、青木 優:1、森口 正倫:1、高山 忠利:1

1:日本大学医学部附属板橋病院

肝内胆管癌に対してTS-1+CDDP肝動注化学療法が著効した1例

化学療法にて長期生存が得られた術後再発胆管癌の1例

演題番号 : P88-4

八島 玲:1、中島 隆宏:1、小船戸 康英:1、志村 龍男:1、小山 善久:2、竹之下 誠一:1

1:福島県立医科大学 器官制御外科、2:大原綜合病院 外科

化学療法にて長期生存が得られた術後再発胆管癌の1例

腫瘍マーカーの上昇と画像診断が乖離した肝内胆管癌の1例

演題番号 : P88-5

坂本 広登:1、武田 美鈴:1、松野 成伸:1、三澤 俊一:1、宮本 昌武:1、桐井 靖:1、高木 洋行:1、太田 浩良:2、安田 是和:3

1:松本市立病院 外科、2:信州大学 医学部保健学科生体情報検査、3:自治医科大学付属病院 消化器外科

腫瘍マーカーの上昇と画像診断が乖離した肝内胆管癌の1例

胆道原発神経内分泌細胞癌の4例

演題番号 : P88-6

岡田 良:1、中島 隆宏:1、安藤 仁:1、小船戸 康英:1、八島 玲:1、志村 龍男:1、小山 善久:2、竹之下 誠一:1

1:福島県立医科大学 器官制御外科学講座、2:大原綜合病院 外科

胆道原発神経内分泌細胞癌の4例

胆嚢管原発腺内分泌細胞癌の多発肝転移に化学療法が奏功した1例

演題番号 : P88-7

高橋 正統:1、下沖 収:1、皆川 幸洋:1、藤社 勉:1、吉田 宗平:1、阿部 正:1

1:岩手県立久慈病院 外科

胆嚢管原発腺内分泌細胞癌の多発肝転移に化学療法が奏功した1例

稀な胆嚢繊維肉腫に治療経験

演題番号 : P88-8

安藤 仁:1、岡田 良:1、中島 貴宏:1、小船戸 康英:1、八島 玲:1、志村 龍男:1、小山 善久:1、竹之下 誠一:1

1:福島県立医科大学附属病院 器官制御外科学講座

稀な胆嚢繊維肉腫に治療経験

胆管がんに対する化学療法継続中の関節リウマチ患者にアバタセプトを投与しえた一症例

演題番号 : P88-9

滝澤 康志:1、西澤 さとみ:1、齊藤 博美:2、横田 有紀子:2、須藤 桃子:2、竹中 一弘:2、高木 寛司:3、上條 浩司:2

1:飯山赤十字病院 薬剤部、2:飯山赤十字病院 内科、3:飯山赤十字病院 整形外科

胆管がんに対する化学療法継続中の関節リウマチ患者にアバタセプトを投与しえた一症例

Intraductal papillary neoplasm of bile duct (IPNB)の予後不良因子に関する検討

演題番号 : P88-10

加藤 祐一郎:1、後藤田 直人:1、木下 敬弘:2、芝崎 秀儒:2、高橋 進一郎:1、小西 大:1

1:国立がん研究センター東病院 肝胆膵外科、2:国立がん研究センター東病院 胃外科

Intraductal papillary neoplasm of bile duct (IPNB)の予後不良因子に関する検討