セッション情報

一般演題(示説)

第51回・2013年・京都
一般演題(示説)
示説40
乳腺 診断・外科治療2
開催回
第51回・2013年・京都

乳癌の腫瘍径の意義

演題番号 : P40-1

筒井 信一:1、辻田 英司:1、吉永 敬士:1、濱武 基陽:1、前田 貴司:1、松田 裕之:1、石田 照佳:1

1:広島赤十字原爆病院 外科

乳癌の腫瘍径の意義

トリプルネガティブ乳癌におけるKi67発現と予後についての検討

演題番号 : P40-2

南谷 菜穂子:1、西宮 洋史:1、小坂 愉賢:1、菊池 真理子:1、藁谷 美奈:1、榎本 拓茂:1、仙石 紀彦:1、谷野 裕一:1、蔵並 勝:2、渡邊 昌彦:1

1:北里大学 外科、2:大和市立病院

トリプルネガティブ乳癌におけるKi67発現と予後についての検討

Triple negative乳癌における予後予測因子としてのhERO1-L分子の発現

演題番号 : P40-3

九冨 五郎:1、田村 保明:2、里見 蕗乃:1、前田 豪樹:1、島 宏彰:1、廣橋 良彦:2、鳥越 俊彦:2、森 満:3、佐藤 昇志:2、平田 公一:1

1:札幌医科大学 第一外科、2:札幌医科大学 第一病理、3:札幌医科大学 公衆衛生

Triple negative乳癌における予後予測因子としてのhERO1-L分子の発現

当科におけるトリプルネガティブ乳癌症例の検討

演題番号 : P40-4

金子 耕司:1、佐藤 信昭:1、神林 智寿子:1、橋本 喜文:1、本間 慶一:2

1:新潟県立がんセンター 乳腺外科、2:新潟県立がんセンター 病理部

当科におけるトリプルネガティブ乳癌症例の検討

乳癌の針生検における病理診断精度の検討

演題番号 : P40-5

井上 寛章:1、平野 明:1、小倉 薫:1、服部 晃典:1、上村 万里:1、大久保 文恵:1、木下 淳:1、藤林 真理子:2、清水 忠夫:1

1:東京女子医科大学東医療センター 乳腺科、2:東京女子医科大学東医療センター 病理科

乳癌の針生検における病理診断精度の検討

乳癌に対する術前Docetaxel/Cyclophosphamide(TC)療法の効果予測因子についての検討

演題番号 : P40-6

嶋田 和博:1、石川 孝:1、喜多 久美子:1、成井 一隆:1、清水 大輔:1、田辺 美樹子:2、佐々木 毅:2、菅江 貞亨:3、市川 靖史:3、遠藤 格:3

1:横浜市立大附属市民総合医療セ乳腺甲状腺外科、2:横浜市立大附属市民総合医療セ病理部、3:横浜市立大医学部消化器腫瘍外科

乳癌に対する術前Docetaxel/Cyclophosphamide(TC)療法の効果予測因子についての検討

3D CT- lymphography を用いた色素法SLN生検にて転移陰性症例における腋窩再発の検討

演題番号 : P40-7

山本 滋:1、井上 由佳:1、北原 正博:1、兼清 信介:1、徳光 幸生:1、前田 訓子:1、吉村 清:1、岡 正朗:1

1:山口大学大学院 医学系研究科

3D CT- lymphography を用いた色素法SLN生検にて転移陰性症例における腋窩再発の検討

腋窩節郭清を省略したセンチネルリンパ節転移陽性乳癌の予後

演題番号 : P40-8

関 朋子:1、高橋 麻衣子:1、林田 哲:1、神野 浩光:1、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

腋窩節郭清を省略したセンチネルリンパ節転移陽性乳癌の予後

乳癌原発巣と転移再発巣のホルモン受容体およびHER2発現状況の検討

演題番号 : P40-9

大西 舞:1、宮本 博美:1、山下 年成:1、有賀 智行:1、堀口 和美:1、北川 大:1、井寺 奈美:1、後藤 理紗:1、黒井 克昌:1

1:都立駒込病院 外科

乳癌原発巣と転移再発巣のホルモン受容体およびHER2発現状況の検討

京都大学関連乳腺グループにおけるバイオバンクの構築と運用

演題番号 : P40-10

川口 展子:1、川島 雅央:1、高田 正泰:1、上野 貴之:1、鈴木 栄治:1、露木 茂:2、山神 和彦:3、新蔵 信彦:4、眞島 奨:9、森口 喜生:5、田中 満:10、山内 清明:6、岡村 隆仁:7、稲本 俊:8、戸井 雅和:1

1:京都大院医外科学講座乳腺外科学分野、2:大阪赤十字病院乳腺外科、3:神鋼会神鋼病院乳腺科、4:今井会足立病院京都ブレストセンター沢井記念乳腺クリニック、5:京都市立病院乳腺外科、6:田附興風会医学研究所北野病院乳腺外科、7:大和高田市立病院外科、8:天理医療大医療学部、9:奈良社会保険病院外科、10:国家公務員共済組合連合会枚方公済病院外科

京都大学関連乳腺グループにおけるバイオバンクの構築と運用

当院のTrastuzumab併用NAC施行99例における臨床病理学的治療効果予測因子の検討

演題番号 : P40-11

吉村 友里:1、梶原 友紀子:1、河内 麻里子:1、河野 美保:2、伊藤 充矢:1、大谷 彰一郎:1、阪田 安彦:3、開 浩一:3、檜垣 健二:1

1:広島市立広島市民病院 乳腺外科、2:広島市立広島市民病院 腫瘍内科、3:広島市立広島市民病院薬剤部

当院のTrastuzumab併用NAC施行99例における臨床病理学的治療効果予測因子の検討

Luminal type乳癌における閉経状態別のPgR発現とその臨床的意義

演題番号 : P40-12

後藤 瞳:1、山本 豊:1、稲尾 瞳子:1、指宿 睦子:1、村上 敬一:1、岩瀬 弘敬:1

1:熊本大学医学部附属病院 乳腺内分泌外科

Luminal type乳癌における閉経状態別のPgR発現とその臨床的意義

3期乳癌の初回治療は病院群別に大きく異なった-院内がん登録全国集計の分析より

演題番号 : P40-13

山下 夏美:1、寺本 典弘:1、原 文堅:2

1:四国がんセ 臨床研究セ がん予防・疫学研究部、2:四国がんセ 乳腺科・化学療法科

3期乳癌の初回治療は病院群別に大きく異なった-院内がん登録全国集計の分析より

乳癌術後皮膚再発病変に対する局所療法の有用性

演題番号 : P40-14

櫻井 健一:1,2、藤崎 滋:2、長島 沙樹:1,2、富田 凉一:2、前田 哲代:1,2、原 由起子:1,2、鈴木 周平:1,2、平野 智寛:1、榎本 克久:1、天野 定雄:1

1:日本大学 医学部 外科学系 乳腺内分泌外科分野、2:医療法人社団 藤崎病院 外科

乳癌術後皮膚再発病変に対する局所療法の有用性

乳癌術後局所再発症例の予後因子

演題番号 : P40-15

山口 由美:1、尾崎 佳三:1、上田 毅:1、建部 茂:1、山代 豊:1、柴田 俊輔:1、石黒 稔:1、西土井 英昭:1

1:鳥取赤十字病 外科

乳癌術後局所再発症例の予後因子