セッション情報

臓器別シンポジウム

第51回・2013年・京都
臓器別シンポジウム
臓器別シンポジウム09
頭頸部がん治療の最前線
開催回
第51回・2013年・京都

下咽頭癌・声門上癌に対する機能温存手術の最前線:経口的下咽頭喉頭部分切除術(TOVS)

演題番号 : OS9-1

今西 順久:1、羽生 昇:1、佐藤 陽一郎:1、渡部 佳弘:1、関水 真理子:1、塩谷 彰浩:2、小川 郁:1

1:慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科頭頸部外科、2:防衛医科大学校耳鼻咽喉科学講座

下咽頭癌・声門上癌に対する機能温存手術の最前線:経口的下咽頭喉頭部分切除術(TOVS)

頭頸部領域と胸部食道の同時性重複がんに対する治療戦略

演題番号 : OS9-2

大幸 宏幸:1、林 隆一:1

1:国立がん研究センター東病院

頭頸部領域と胸部食道の同時性重複がんに対する治療戦略

Phase 3 trial of sorafenib in RAI-refractory differentiated thyroid cancer

演題番号 : OS9-3

Makoto Tahara:1、Marcia S Brose:2、Christopher Nutting:3、Young Kee Shong:4、Steven I Sherman:5、Johannes WA Smit:6、Istvan Molnar:7、Martin Schlumberger:8

1:Division of Head and Neck Medical Oncology, National Cancer Center Hospital East, Japan、2:The University of Pennsylvania, Abramson Cancer Center, Philadelphia, PA, USA、3:Royal Marsden Hospital, London, UK、4:Asan Medicine Center, University of Ulsan College of Medicine, Seoul, Korea、5:The University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX, USA、6:Radboud University Nijmegen Medical Center, Nijmegen, The Netherlands、7:Bayer HealthCare Pharmaceuticals, Montville, NJ, USA、8:Institut Gustave Roussy, Villejuif, France

Phase 3 trial of sorafenib in RAI-refractory differentiated thyroid cancer

頭頸部癌セツキシマブ使用に際してKRAS変異解析は真に不要か?

演題番号 : OS9-4

太田 陽介:1、辻野 佳世子:1、副島 俊典:1、米澤 宏一郎:2、平山 裕次:2、岩江 信法:2、須藤 保:3、佐久間 淑子:4

1:兵庫県立がんセンター 放射線治療科、2:兵庫県立がんセンター 頭頸部外科、3:兵庫県立がんセンター 研究部、4:兵庫県立がんセンター 病理診断科

頭頸部癌セツキシマブ使用に際してKRAS変異解析は真に不要か?

頭頸部癌の放射線化学療法下の口腔粘膜障害に対するグルタミンの有用性に関する研究

演題番号 : OS9-5

辻本 貴江:1,4、山本 佳史:2、猪原 秀典:2、高木 達也:1、上島 悦子:1、林 紀行:3、前田 和久:3、伊藤 壽記:3

1:大阪院 薬学研究科、2:大阪院 医学系研究科 耳鼻咽喉科頭頸部外科学講座、3:大阪院 医学系研究科 生体機能補完医学講座、4:神戸学院大 薬学部

頭頸部癌の放射線化学療法下の口腔粘膜障害に対するグルタミンの有用性に関する研究