セッション情報

臓器別シンポジウム

第51回・2013年・京都
臓器別シンポジウム
臓器別シンポジウム05
分子マーカー・バイオマーカー
開催回
第51回・2013年・京都

次世代半導体シークエンサーによるがん臨床ゲノム解析

演題番号 : OS5-1

永瀬 浩喜:1、横井 左奈:1、大平 美紀:1、影山 肇:1、中村 友紀:1、丸 喜明:1、伊丹 真紀子:2、片山 稔:3

1:千葉県がんセンター 研究所、2:千葉県がんセンター 、3:ライフテクノロジーズジャパン株式会社

次世代半導体シークエンサーによるがん臨床ゲノム解析

胃癌患者血中遊離microRNAを指標とした次世代個別化バイオマーカーの探索と展望

演題番号 : OS5-2

小松 周平:1、市川 大輔:1、小西 博貴:1、辻浦 誠浩:1、森村 玲:1、村山 康利:1、塩崎 敦:1、栗生 宜明:1、生駒 久視:1、窪田 健:1、中西 正芳:1、藤原 斉:1、岡本 和真:1、阪倉 長平:1、大辻 英吾:1

1:京都府立医科大学 消化器外科

胃癌患者血中遊離microRNAを指標とした次世代個別化バイオマーカーの探索と展望

Colitic cancerに対するエピゲネティックマーカーの網羅的探索

演題番号 : OS5-3

松原 長秀:1、小林 政義:1、濱中 美衣:1、別府 直仁:1、山岸 大介:1、塚本 潔:1、山野 智基:1、内野 基:1、野田 雅史:1、池内 浩基:1、冨田 尚裕:1

1:兵庫医科大学 下部消化管外科

Colitic cancerに対するエピゲネティックマーカーの網羅的探索

胃癌におけるMET amplification の発現頻度と臨床的意義

演題番号 : OS5-4

Hisato Kawakami:1、Isamu Okamoto:1,6、Tokuzo Arao:2、Wataru Okamoto:1,3、Kazuko Matsumoto:2、Hirokazu Taniguchi:4、Kiyoko Kuwata:1、Haruka Yamaguchi:1、Kazuto Nishio:2、Kazuhiko Nakagawa:1、Yasuhide Yamada:5

1:Department of Medical Oncology, Kinki University Faculty of Medicine、2:Genome Biology, Kinki University Faculty of Medicine, Japan、3:Division of Transrational Research, Exploratory Oncology Research & Clinical Trial Center, National Cancer Center, Japan、4:Department of Pathology, National Cancer Center Hospital, Japan、5:Gastrointestinal Medical Oncology Division, National Cancer Center Hospital, Japan、6:Center for Clinical and Translational Research, Kyushu University Hospital, Japan

胃癌におけるMET amplification の発現頻度と臨床的意義

胃癌におけるHER2,EGFR,c-Met,PDGFR,c-Kitの発現と予後との関連性(多施設共同研究)

演題番号 : OS5-5

黒川 幸典:1、松浦 成昭:2、木村 豊:3、川端 良平:4、足立 真一:5、藤田 淳也:6、西川 和宏:7、高橋 剛:1、瀧口 修司:1、森 正樹:1、土岐 祐一郎:1

1:大阪大学大学院 消化器外科、2:大阪大学大学院 保健学科 分子病理学、3:NTT西日本大阪病院 外科、4:市立堺病院 外科、5:市立池田病院 外科、6:市立豊中病院 外科、7:大阪府立急性期総合医療センター 外科

胃癌におけるHER2,EGFR,c-Met,PDGFR,c-Kitの発現と予後との関連性(多施設共同研究)

第III相臨床試験ACTS-GCの保存病理標本を用いたバイオマーカー研究:総括報告

演題番号 : OS5-6

市川 度:1、寺島 雅典:2、落合 淳志:3、北田 浩二:4、倉橋 一成:5、笹子 三津留:6

1:防衛医科大病 腫瘍化学療法部、2:静岡県立静岡がんセ、3:国立がん研究セ東病、4:福山医療セ、5:東京大大学院、6:兵庫医科大

第III相臨床試験ACTS-GCの保存病理標本を用いたバイオマーカー研究:総括報告