セッション情報

臓器別シンポジウム

第51回・2013年・京都
臓器別シンポジウム
臓器別シンポジウム10
腎癌薬物治療の最前線:腎癌薬物治療にて患者QOLも考えた最適なTKI,mTOR阻害剤の使用法と次世代腎癌治療への展望を考える
開催回
第51回・2013年・京都

未治療転移性腎癌患者におけるaxitinib国際共同第2相試験-日本人サブグループ解析-

演題番号 : OS10-1

植田 健:1、大家 基嗣:2、植村 天受:3、冨田 善彦:4、篠原 信雄:5、羽渕 友則:6、Ying Chen:7、Angel H Bair:7、Sinil Kim:7、大園 誠一郎:8、内藤 誠二:9、赤座 英之:10

1:千葉県がんセ 前立腺センター・泌尿器科、2:慶応義塾大医学部 泌尿器科学、3:近畿大医学部 泌尿器科学、4:山形大医学部 腎泌尿器外科学、5:北海道大院医学研究科 腎泌尿器外科学、6:秋田大院医学系 腎泌尿器科学、7:ファイザー社、8:浜松医科大医学部 泌尿器科学、9:九州大院医学研究院 泌尿器科学、10:東京大先端科学技術研究セ システム生物医学

未治療転移性腎癌患者におけるaxitinib国際共同第2相試験-日本人サブグループ解析-

スニチニブ初期投与方法としての2週投与1週休薬パターンの副作用、効果に及ぼす影響

演題番号 : OS10-2

近藤 恒徳:1、高木 敏男:1、小林 博人:1、橋本 恭伸:1、飯塚 淳平:1、大前 憲史:1、吉田 一彦:1、田邉 一成:1

1:東京女子医科大学 泌尿器科

スニチニブ初期投与方法としての2週投与1週休薬パターンの副作用、効果に及ぼす影響

エベロリムスは高齢進行性腎癌に有効である

演題番号 : OS10-3

稲元 輝生:1、東 治人:1、野々村 祝夫:2、仲谷 達也:3、松田 公志:4、野澤 昌弘:5、植田 健:9、木下 秀文:4、西村 和郎:6、金山 博臣:9、三木 恒治:9、冨田 善彦:9、吉岡 俊昭:7、辻畑 正雄:8、植村 天受:5,9

1:大阪医科大学 泌尿器科、2:大阪大学、3:大阪市立大学大学、4:関西医科大学、5:近畿大学、6:大阪府立成人病センター、7:住友病院、8:大阪労災病院 、9:Osaka Urologic Oncology Group (OUOG)

エベロリムスは高齢進行性腎癌に有効である

FDG PET/CTを用いた治療効果判定に基づいた腎細胞癌の治療体系の確立への試み

演題番号 : OS10-4

中井川 昇:1、矢尾 正祐:1、立石 宇貴秀:2、槙山 和秀:1、近藤 慶一:1、林 成彦:1、小林 一樹:3、岸田 健:4、池田 伊知郎:5、南村 和宏:6、大古 美治:7、井上 登美夫:2、窪田 吉信:1

1:横浜市立大院医泌尿器病態学、2:横浜市立大院医放射線医学、3:横須賀共済病院 泌尿器科、4:神奈川県立がんセ、5:横浜南共済病院 泌尿器科、6:横浜市民病院 泌尿器科、7:横浜栄共済病院

FDG PET/CTを用いた治療効果判定に基づいた腎細胞癌の治療体系の確立への試み

分子標的治療における遺伝子多型の検討と新規ワクチンIMA901

演題番号 : OS10-5

本郷 文弥:1、大石 正勝:1、上田 崇:1、中村 晃和:1、納谷 佳男:1、河内 明宏:1、三木 恒治:1

1:京都府立医科大学 泌尿器外科

分子標的治療における遺伝子多型の検討と新規ワクチンIMA901

Emerging Developments in Advanced Kidney Cancer Therapeutics

演題番号 : OS10-6

Primo Nery Lara Jr.:1

1:Translational Research, University of California Davis Comprehensive Cancer Center, USA

Emerging Developments in Advanced Kidney Cancer Therapeutics