セッション情報

一般演題(口演)

第51回・2013年・京都
一般演題(口演)
口演37
乳腺 バイオマーカー
開催回
第51回・2013年・京都

遺伝子発現プロファイルによるTP53ステータスの臨床的有用性

演題番号 : O37-1

高橋 信:1、福井 崇史:3、権藤 延久:3、石田 孝宣:4、大内 憲明:4、野水 整:5、角川 陽一郎:6、石岡 千加史:1,2

1:東北大加齢研臨床腫瘍学、2:東北大病腫瘍内科、3:(株)ファルコバイオシステムズ、4:東北大院腫瘍外科学分野、5:星総合病外科、6:宮城県立がんセ乳腺科

遺伝子発現プロファイルによる<i>TP53</i>ステータスの臨床的有用性

乳癌患者における血清抗p53抗体測定の意義

演題番号 : O37-2

山本 晋也:1、千島 隆司:1、足立 しょうこ:1、原田 郁:1、赤塚 壮太郎:2、戸田 陽子:2、有岡 仁:2、長谷川 直樹:3、角田 幸雄:3

1:横浜労災病院 乳腺外科、2:横浜労災病院 腫瘍内科、3:横浜労災病院 病理科

乳癌患者における血清抗p53抗体測定の意義

FEC+wPTX耐性TNBC細胞株の樹立とNAC効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

演題番号 : O37-3

青松 直撥:1、八代 正和:1、柏木 伸一郎:1、野田 諭:1、川尻 成美:1、石原 沙江:1、浅野 有香:1、渡邊 真央:1、森崎 珠実:1、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、石川 哲郎:3、若狭 研一:2、平川 弘聖:1

1:大阪市立大学大学院 腫瘍外科、2:大阪市立大学大学院 診断病理学、3:市立柏原病院 外科

FEC+wPTX耐性TNBC細胞株の樹立とNAC効果予測因子としての癌幹細胞マーカーの意義

乳癌におけるGPNMB発現と血清GPNMB測定の意義

演題番号 : O37-4

二村 学:1、山田 敦子:2、兼松 昌子:2、森光 華澄:1、名和 正人:2、森川 あけみ:2、吉田 和弘:2

1:岐阜大 乳腺・分子腫瘍、2:岐阜大 腫瘍外科

乳癌におけるGPNMB発現と血清GPNMB測定の意義

トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測因子としてのTLE3の有用性

演題番号 : O37-5

柏木 伸一郎:1、石原 沙江:1、浅野 有香:1、呉 幸枝:1、渡邊 真央:1、森崎 珠実:1、青松 直撥:1、野田 諭:1、川尻 成美:1、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、石川 哲郎:2、平川 弘聖:1

1:大阪市立大院 腫瘍外科、2:市立柏原病 外科

トリプルネガティブ乳癌における術前化学療法効果予測因子としてのTLE3の有用性

Triple Negative乳癌におけるmicro RNA解析とタンパク発現

演題番号 : O37-6

角田 ゆう子:1、坂本 正明:1、中島 裕一:1、坂本 尚美:1、福間 英祐:1、星 和栄:2、佐々木 晶子:3、小口 勝司:3

1:亀田メディカルセンター 乳腺センター、2:亀田メディカルセンター 臨床病理科、3:昭和大学 医科薬理

Triple Negative乳癌におけるmicro RNA解析とタンパク発現