セッション情報

一般演題(口演)

第51回・2013年・京都
一般演題(口演)
口演35
膵臓 切除不能膵癌における全身化学療法
開催回
第51回・2013年・京都

タルセバ錠 膵癌 特定使用成績調査(全例調査)における300例中間結果報告

演題番号 : O35-1

古瀬 純司:1,7、弦間 昭彦:2,7、羽鳥 隆:3,7、市川 度:4,7、奥坂 拓志:5,7、関 顕洋:6

1:杏林大 医学部 内科学腫瘍内科、2:日本医科大大学院医学研究科 呼吸器内科分野、3:東京女子医科大 消化器外科、4:防衛医科大 腫瘍化学療法部、5:国立がん研究セ中央病 肝胆膵内科、6:中外製薬株式会社、7:エルロチニブ膵癌適正使用検討委員会

タルセバ錠 膵癌 特定使用成績調査(全例調査)における300例中間結果報告

進行膵癌に対するエルロチニブ併用ゲムシタビン療法の治療成績-東病院での検討-

演題番号 : O35-2

桑原 明子:1、篠原 旭:2、小林 美沙樹:2、奥山 浩之:1、高橋 秀明:1、大野 泉:1、清水 怜:1、光永 修一:1、船崎 秀樹:2、奥坂 拓志:3、池田 公史:2

1:国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科、2:国立がん研究センター東病院 薬剤部、3:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科

進行膵癌に対するエルロチニブ併用ゲムシタビン療法の治療成績-東病院での検討-

A phase I/Ib study of trametinib alone and with gemcitabine in Japanese patients

演題番号 : O35-3

Shinichi Nishina:1、Junji Furuse:2、Takayasu Kurata:1、Akiyoshi Kasuga:2、Yasuhito Fujisaka:1、Hiroshi Kitamura:2、Toshio Shimizu:1、Atsuko Takasu:2、Wataru Okamoto:1、Daisuke Naruge:2、Fumio Nagashima:2、Kazuo Nagamatsu:3、Akihira Mukaiyama:3、Hideki Matsushita:3、Kazuhiko Nakagawa:1

1:Department of Medical Oncology, Kinki University Faculty of Medicine, Japan、2:Department of Internal Medicine, Medical Oncology, Kyorin University Hospital, Japan、3:Oncology Development, Development & Medical Affairs Division, GlaxoSmithKline K.K., Japan

A phase I/Ib study of trametinib alone and with gemcitabine in Japanese patients

切除不能膵癌2次治療としてのFOLFIRINOX 療法について

演題番号 : O35-4

小林 規俊:1、徳久 元彦:1、後藤 歩:1、細野 邦広:3、窪田 賢輔:3、中島 淳:3、前田 愼:3、遠藤 格:2、市川 靖史:1

1:横浜市立大病 臨床腫瘍科、2:横浜市立大院 消化器・腫瘍外科、3:横浜市立大院 消化器内科

切除不能膵癌2次治療としてのFOLFIRINOX 療法について

GEM、TS-1耐性進行膵癌に対するInterferon-α+CDDP+5FU療法の有効性

演題番号 : O35-5

谷口 浩一:1、松山 隆生:1、森 隆太郎:1、野尻 和典:1、熊本 宜文:1、武田 和永:1、上田 倫夫:2、秋山 浩利:1、田中 邦哉:1、遠藤 格:1

1:横浜市立大学 消化器・腫瘍外科学、2:横浜市立大学市民総合医療センター 消化器病センター

GEM、TS-1耐性進行膵癌に対するInterferon-α+CDDP+5FU療法の有効性

転移性膵がんの短期生存例の検討

演題番号 : O35-6

林 秀幸:1、近藤 俊輔:1、柴 知史:1、森実 千種:1、池田 公史:2、上野 秀樹:1、奥坂 拓志:1

1:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科、2:国立がん研究センター東病院 肝胆膵内科

転移性膵がんの短期生存例の検討