セッション情報

一般演題(口演)

第51回・2013年・京都
一般演題(口演)
口演122
大腸・小腸 予後
開催回
第51回・2013年・京都

切除不能大腸癌症例における化学療法導入前栄養状態と予後との相関性

演題番号 : O122-1

坂本 快郎:1、辛島 龍一:1、今村 裕:1、石本 崇胤:1、岩上 志朗:1、馬場 祥史:1、宮本 裕士:1、吉田 直矢:1、渡邊 雅之:1、別府 透:1、馬場 秀夫:1

1:熊大院 消化器外科学

切除不能大腸癌症例における化学療法導入前栄養状態と予後との相関性

三次治療以降のKRAS野生型Cetuximab投与例でのKöhne indexの有用性:HGCSG0901

演題番号 : O122-2

結城 敏志:1、小松 嘉人:1、小林 良充:1、土井 綾子:2、辻 靖:2、畑中 一映:3、奥田 博介:4、藤川 幸司:5、細川 歩:6、渡邉 豊:7、山本 文泰:8、及能 健一:9、工藤 峰生:9、川本 泰之:9、坂田 優:10

1:北海道大学病院 消化器内科/腫瘍センター、2:斗南病院 腫瘍内科、3:市立函館病院 消化器科、4:恵佑会札幌病院 腫瘍内科、5:北海道がんセンター 消化器内科、6:富山大学附属病院 第三内科、7:函館中央病院 内科、8:苫小牧市立病院 消化器内科、9:北海道消化器癌化学療法研究会、10:三沢市立三沢病院

三次治療以降の<i>KRAS</i>野生型Cetuximab投与例でのKöhne indexの有用性:HGCSG0901

切除不能進行大腸癌におけるPanitumumabの有用性(HGCSG1002) 早期効果予測因子の解析

演題番号 : O122-3

岩永 一郎:1、福島 拓:2、小林 良充:2、奥田 博介:3、辻 靖:4、畑中 一映:5、小池 雅彦:6、加藤 貴志:7、中村 路夫:8、曽我部 進:9、佐藤 康史:9、藤川 幸司:9、太田 智之:9、坂田 優:10、小松 嘉人:2

1:北見赤十字病院 消化器内科、2:北海道大学病院 腫瘍センター/消化器内科、3:恵佑会札幌病院 腫瘍内科、4:斗南病院 腫瘍内科、5:市立函館病院 消化器内科、6:KKR札幌医療センター 外科、7:北海道消化器科病院 内科、8:市立札幌病院 消化器内科、9:北海道消化器癌化学療法研究会、10:三沢市立三沢病院

切除不能進行大腸癌におけるPanitumumabの有用性(HGCSG1002) 早期効果予測因子の解析

5年以上の長期生存例からみた進行大腸癌の治療

演題番号 : O122-4

傳田 忠道:1、辻本 彰子:1、杉田 統:1、新井 裕之:1、喜多 絵美里:1、中村 奈海:1、相馬 寧:1、鈴木 拓人:2、須藤 研太郎:1、中村 和貴:1、三梨 桂子:3、廣中 秀一:3、原 太郎:2、滝口 伸浩:4、山口 武人:1

1:千葉県がんセンター 消化器内科、2:千葉県がんセンター 内視鏡科、3:千葉県がんセンター 臨床試験推進部、4:千葉県がんセンター 消化器外科

5年以上の長期生存例からみた進行大腸癌の治療

大腸癌肝転移の初回化学療法における形態学的変化の有用性

演題番号 : O122-5

吉田 啓紀:1、細川 歩:1、植田 亮:1、三原 弘:1、安藤 孝将:1、梶浦 新也:1、藤浪 斗:1、西川 潤:1、加藤 洋:2、川部 秀人:2、富澤 岳人:2、堀川 直樹:3、藪下 和久:3、野手 雅幸:3、杉山 敏郎:1

1:富山大 第三内科、2:富山大 放射線科、3:高岡市民病

大腸癌肝転移の初回化学療法における形態学的変化の有用性

進行大腸癌の抗癌剤療法におけるベバシズマブ併用の効果予測因子としての内臓脂肪

演題番号 : O122-6

成田 明子:1、吉田 俊太郎:1、神宝 隆行:1、太田 弓子:1、七條 智聖:1、鈴木 裕史:1、渡邊 義敬:1、小林 由佳:1、山田 篤生:1、平田 喜裕:1、山地 裕:1、椎名 秀一朗:1、小池 和彦:1

1:東京大 消化器内科

進行大腸癌の抗癌剤療法におけるベバシズマブ併用の効果予測因子としての内臓脂肪