セッション情報

一般演題(口演)

第51回・2013年・京都
一般演題(口演)
口演118
乳腺 化学療法3
開催回
第51回・2013年・京都

乳癌術前化学療法におけるpCRの予後因子としての意義

演題番号 : O118-1

川尻 成美:1、高島 勉:1、石原 沙江:1、浅野 有香:1、呉 幸枝:1、渡邉 真央:1、森崎 珠実:1、青松 直撥:1、柏木 伸一郎:1、野田 諭:1、小野田 尚佳:1、仲田 文造:1、石川 哲郎:1、平川 弘聖:1

1:大阪市立大院 腫瘍外科

乳癌術前化学療法におけるpCRの予後因子としての意義

HER2陽性乳癌脳転移症例におけるLC療法とPTEN発現・PIK3CA変異の影響

演題番号 : O118-2

西川 徹:1、速水 亮介:1、川本 久紀:3、福田 護:3、津川 浩一郎:1、前田 一郎:2、高木 正之:2

1:聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科、2:聖マリアンナ医科大学 診断病理学、3:聖マリアンナ医科大学 ブレスト&イメージングセンター

HER2陽性乳癌脳転移症例におけるLC療法とPTEN発現・PIK3CA変異の影響

HER2陽性乳癌に対するPaclitaxel+TrastuzumabとFEC療法併用術前化学療法(KBCOG05)

演題番号 : O118-3

高尾 信太郎:1、広利 浩一:1、前川 陽子:1、田根 香織:1、谷岡 真樹:2、松本 光史:2、宮下 勝:3、奥野 敏隆:4、小西 宗治:5、重岡 靖:6、三好 康雄:7

1:兵庫県立がんセ 乳腺外科、2:兵庫県立がんセ 腫瘍内科、3:甲南病 外科、4:西神戸医療セ 外科、5:県立西宮病 外科、6:淀川キリスト教病 腫瘍内科、7:兵庫医科大 乳腺内分泌外科

HER2陽性乳癌に対するPaclitaxel+TrastuzumabとFEC療法併用術前化学療法(KBCOG05)

HER2陽性進行乳癌でのラパチニブ併用時のカペシタビン用量の臨床的有用性の後方的検討

演題番号 : O118-4

荒木 和浩:1、高橋 俊二:2、岩瀬 拓士:3、伊藤 良則:1

1:公益財団法人がん研究会がん研有明病院 乳腺センター乳腺内科、2:公益財団法人がん研究会がん研有明病院 総合腫瘍科、3:公益財団法人がん研究会がん研有明病院 乳腺センター乳腺外科

HER2陽性進行乳癌でのラパチニブ併用時のカペシタビン用量の臨床的有用性の後方的検討

新規メタアナリシス手法を用いた多様な抗HER2分子標的薬における最適レジメンの検討

演題番号 : O118-5

林田 哲:1、永山 愛子:1、高橋 麻衣子:1、神野 浩光:1、岡林 剛史:1、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学医学部 一般・消化器外科

新規メタアナリシス手法を用いた多様な抗HER2分子標的薬における最適レジメンの検討

HER2陽性転移性乳癌患者を対象としたトラスツズマブ エムタンシンの安全性の検討

演題番号 : O118-6

土井原 博義:1、柏葉 匡寛:2、高尾 信太郎:3、伊藤 良則:4、雷 哲明:5、松原 麻理:6、金谷 和充:6、増田 慎三:7

1:岡山大 乳腺・内分泌外科、2:岩手医大 外科、3:兵庫県立がんセ 乳腺外科、4:公益財団法人 がん研究会有明病 乳腺内科、5:社会医療法人博愛会 相良病 乳腺外科、6:中外製薬株式会社、7:国立病院機構 大阪医療セ 乳腺外科

HER2陽性転移性乳癌患者を対象としたトラスツズマブ エムタンシンの安全性の検討