セッション情報

一般演題(口演)

第51回・2013年・京都
一般演題(口演)
口演10
乳腺 化学療法2
開催回
第51回・2013年・京都

高CEA血症を伴う手術可能乳癌の特徴からみる治療戦略についての検討

演題番号 : O10-1

秋吉 清百合:1、中村 吉昭:1、石田 真弓:1、厚井 裕三子:1、及川 将弘:1、西村 純子:1、井川 明子:1、猿渡 彰洋:1、古閑 知奈美:1、田口 健一:2、大野 真司:1

1:九州がんセンター 乳腺科、2:九州がんセンター 病理診断科

高CEA血症を伴う手術可能乳癌の特徴からみる治療戦略についての検討

長期間にわたりビノレルビンが有効な進行再発乳癌の特徴

演題番号 : O10-2

曳野 肇:1、村田 陽子:2、林 美幸:3

1:松江赤十字病院 化学療法科、2:松江赤十字病院 乳腺外科、3:松江赤十字病院 看護部

長期間にわたりビノレルビンが有効な進行再発乳癌の特徴

進行再発乳癌における新規抗がん剤エリブリン使用症例40例のサブタイプ別検討

演題番号 : O10-3

浅野 有香:1、柏木 伸一郎:1、石原 沙江:1、呉 幸枝:1、渡邊 真央:1、森崎 珠実:1、野田 諭:1、川尻 成美:1、中野 妙子:2、川上 紀子:3、光川 康子:3、高島 勉:1、小野田 尚佳:1、石川 哲郎:4、平川 弘聖:1

1:大阪市立大院腫瘍外科、2:大阪市立大学病化学療法セ、3:大阪市立大学病薬剤部、4:市立柏原病外科

進行再発乳癌における新規抗がん剤エリブリン使用症例40例のサブタイプ別検討

再発乳癌におけるBevacizumab+Paclitaxelの治療効果予測の検討

演題番号 : O10-4

石田 真弓:1、田中 陽子:1、中村 吉昭:1、及川 将弘:1、井川 明子:1、猿渡 彰祥:1、古閑 知奈美:1、西村 純子:1、厚井 裕三子:1、秋吉 清百合:1、大野 真司:1

1:国立病院機構九州がんセンター

再発乳癌におけるBevacizumab+Paclitaxelの治療効果予測の検討

A Phase 1b Trial of Trastuzumab Emtansine in Combination with Pertuzumab

演題番号 : O10-5

Hiroji Iwata:1、Jun Horiguchi:2、Nobuaki Sato:3、Mari Matsubara:5、Kanatani Kazumitsu :5、Yasuhiro Fujiwara:4

1:Breast Oncology, Aichi Cancer Center, Japan、2:Department of Breast and Endocrine Surgery, Gunma University Hospital, Japan、3:Breast Surgery, Niigata Cancer Center Hospital, Japan、4:Department of Breast and Medical Oncology, National Cancer Center Hospital, Japan、5:Chugai Pharmaceutical Co. Ltd, Japan

A Phase 1b Trial of Trastuzumab Emtansine in Combination with Pertuzumab