セッション情報

ポスター

第58回・2020年・京都
ポスター
ポスター
前立腺・男性生殖器/内分泌・ホルモン療法
開催回
第58回・2020年・京都

演題取り下げ

演題番号 : P-354

演題取り下げ

デュタステリド休薬•再開後にPSA低下を認めなかった高悪性度前立腺癌の1例

演題番号 : P-355

本田 聡:1,2、中村 成伸:2、堀江 達夫:3、増本 和子:4、木島 庸貴:1、高橋 伸幸:1、山口 峰一:1、山形 真吾:1、椎名 浩昭:5

1:島根大学・総合医療学講座・大田総合医育成センター、2:大田市立病院・泌尿器科、3:大田市立病院・薬剤科、4:大田市立病院・看護部、5:島根大学 医学部 泌尿器科学講座

デュタステリド休薬•再開後にPSA低下を認めなかった高悪性度前立腺癌の1例

転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)症例に対するAbiraterone治療の検討

演題番号 : P-356

川西 秀治:1、加藤 真史:2、山本 晃之:3、服部 良平:4、前田 基博:5、内藤 祐志:2、湯口 友梨:6、山本 茂樹:7、中野 洋二郎:8、荒木 英盛:9、坂元 史稔:10、鈴木 友秀:11、宮田 裕大:12、都築 豊徳:13、佐々 直人:1

1:愛知医科大学・泌尿器科、2:名古屋大学附属病院・泌尿器科、3:豊橋市民病院・泌尿器科、4:名古屋第一赤十字病院・泌尿器科、5:刈谷豊田総合病院・泌尿器科、6:中京病院・泌尿器科、7:津島市民病院・泌尿器科、8:公立陶生病院・泌尿器科、9:名鉄病院・泌尿器科、10:中部労災病院・泌尿器科、11:名古屋医療センター・泌尿器科、12:市立四日市病院・泌尿器科、13:愛知医科大学病院・病理診断科

転移性ホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)症例に対するAbiraterone治療の検討

Oligometastasesを有する前立腺癌におけるIDC-Pとの予後予測

演題番号 : P-357

弓場 拓真:1、山本 晃之:2、服部 恭介:8、石川 智啓:3、佐野 友康:4、内藤 祐志:2、川西 秀治:5、加藤 真史:1、服部 良平:6、都築 豊徳:7

1:名古屋大学・泌尿器科、2:豊橋市民病院・泌尿器科、3:中京病院・泌尿器科、4:小牧市民病院・泌尿器科、5:愛知医科大学・泌尿器科、6:名古屋第一赤十字病院・泌尿器科、7:愛知医科大学・病理診断科、8:名古屋第二赤十字病院・泌尿器科

Oligometastasesを有する前立腺癌におけるIDC-Pとの予後予測

非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドとアビラテロンの治療効果

演題番号 : P-358

脇田 直人:1、白石 祐介:1、坂本 茉莉子:1、岡村 泰義:1、坂東 由加里:1、鈴木 光太郎:1、原 琢人:1、寺川 智章:1、古川 順也:1、原田 健一:1、日向 信之:1、藤澤 正人:1

1:神戸大学・腎泌尿器科

非転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドとアビラテロンの治療効果

内分泌未治療高リスク前立腺癌にアビラテロン併用ホルモン療法を施行した10症例の検討

演題番号 : P-359

田村 芳美:1、関口 雄一:1、根井 翼:2

1:渋川医療センター・泌尿器科、2:群馬大学附属病院・泌尿器科

内分泌未治療高リスク前立腺癌にアビラテロン併用ホルモン療法を施行した10症例の検討

CRPC患者に対するアビラテロンおよびエンザルタミドによる逐次治療の有効性の検討

演題番号 : P-360

内藤 祐志:1、加藤 真史:1、川西 秀治:8、湯口 友梨:2、弓場 拓真:3、石川 智啓:4、服部 恭介:4、山本 晃之:5、佐野 友康:1、木村 亨:2、錦見 俊徳:6、服部 良平:7、都築 豊徳:9、後藤 百万:2

1:名古屋大学・泌尿器科、2:中京病院・泌尿器科、3:刈谷豊田総合病院・泌尿器科、4:小牧市民病院・泌尿器科、5:豊橋市民病院・泌尿器科、6:名古屋第二赤十字病院・泌尿器科、7:名古屋第一赤十字病院・泌尿器科、8:愛知医科大学病院・泌尿器科、9:愛知医科大学病院・病理診断科

CRPC患者に対するアビラテロンおよびエンザルタミドによる逐次治療の有効性の検討

前立腺癌患者におけるLuteinizing Hormone-Releasing Hormone製剤の局所副反応の研究

演題番号 : P-361

島袋 智之:1,2、大見 千英高:1、長光 涼子:1、山田 久子:3、中川 麻子:3、梅村 和枝:4、松永 由美子:4、池上 孝子:4、中島 恵美:4、白石 晃司:2、松山 豪泰:2

1:宇部興産中央病院・泌尿器科、2:山口大学・泌尿器科、3:宇部興産中央病院・薬剤部、4:宇部興産中央病院・看護部

前立腺癌患者におけるLuteinizing Hormone-Releasing Hormone製剤の局所副反応の研究

新規ホルモン剤治療の効果および予後予測におけるビカルタミド除去症候群の意義

演題番号 : P-362

塩田 真己:1、阿部 立郎:1、門司 恵介:1、柏木 英志:1、武内 在雄:1、猪口 淳一:1、横溝 晃:2、内藤 誠二:2、江藤 正俊:1

1:九州大学・泌尿器科、2:原三信病院・泌尿器科

新規ホルモン剤治療の効果および予後予測におけるビカルタミド除去症候群の意義