セッション情報

ポスター

第58回・2020年・京都
ポスター
ポスター
腎・尿路・膀胱/その他
開催回
第58回・2020年・京都

筋層浸潤膀胱癌の治療選択における定量的フレイル評価の有用性

演題番号 : P-336

岩村 大径:1、畠山 真吾:1、百田 匡毅:1、小島 由太:1、成田 琢磨:1、岡本 哲平:1、藤田 尚紀:1、濱野 逸人:1、富樫 赳:1、濱谷 智子:1、米山 徹:1、山本 勇人:1、米山 高弘:1、橋本 安弘:1、大山 力:1

1:弘前大学・泌尿器科

筋層浸潤膀胱癌の治療選択における定量的フレイル評価の有用性

淡明細胞型腎細胞癌におけるAXL発現の腫瘍内不均一性と予後の検討

演題番号 : P-337

箱崎 恭平:1,2、田中 伸之:1、高松 公晴:1、安水 洋太:1、武田 利和:1、松本 一宏:1、森田 伸也:1、小坂 威雄:1、水野 隆一:1、浅沼 宏:1、大家 基嗣:1

1:慶應義塾大学・泌尿器科、2:埼玉病院・泌尿器科

淡明細胞型腎細胞癌におけるAXL発現の腫瘍内不均一性と予後の検討

骨転移を有する腎癌患者における骨修飾薬による顎骨壊死の頻度と危険因子の検討

演題番号 : P-338

中井 康友:1、久次米 雄馬:1、谷 優:1、山本 致之:1、永原 啓:1、中山 雅志:1、垣本 健一:1、石橋 美樹:2、西村 和郎:1

1:大阪国際がんセンター・泌尿器科、2:大阪国際がんセンター・歯科

骨転移を有する腎癌患者における骨修飾薬による顎骨壊死の頻度と危険因子の検討

腎細胞癌、未分類、髄様形質(RCCU-MP)と診断され複合免疫療法が有効であった一例

演題番号 : P-339

武田 将司:1、赤松 秀輔:1、嘉島 相輝:1,2、渕上 靖史:1,3、吉野 喬之:1,4、後藤 崇之:1、澤田 篤郎:1、小林 恭:1、山﨑 俊成:1,5、井上 貴博:6、各務 博:7、小川 修:1

1:京都大学・泌尿器科、2:秋田大学・泌尿器科、3:倉敷中央病院・泌尿器科、4:筑波大学附属病院・泌尿器科、5:神戸市立医療センター中央市民病院・泌尿器科、6:三重大学・泌尿器科、7:埼玉医科大学国際医療センター・呼吸器内科

腎細胞癌、未分類、髄様形質(RCCU-MP)と診断され複合免疫療法が有効であった一例

癌間質におけるD2-40/podoplaninの発現は根治的膀胱全摘出術後の予後不良と関連する

演題番号 : P-340

富澤 満:1、島田 啓司:2、根岸 孝仁:3、西山 直隆:4、北村 竟:4、岡島 英二郎:1

1:市立奈良病院・泌尿器科、2:市立奈良病院・病理診断学、3:九州がんセンター・泌尿器科、4:富山大学・泌尿器科

癌間質におけるD2-40/podoplaninの発現は根治的膀胱全摘出術後の予後不良と関連する