セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演75
緩和 3
開催回
第58回・2020年・京都

医療従事者と患者を繋ぐコミュニケーションアプリケーションを用いたがん治療サポート

演題番号 : O75-1

辻 靖:1、高山 歳三:1、澤井 康弥:1、新藤 智子:1、本間 理央:1、李 東瀛:2、山﨑 京子:2、三木 崇:2

1:斗南病院・腫瘍内科、2:Arteryex株式会社

医療従事者と患者を繋ぐコミュニケーションアプリケーションを用いたがん治療サポート

大腸癌化学療法中のがん関連ディスペプジア症状に対するアコファイドの有効性

演題番号 : O75-2

伊藤 慎吾:1、富澤 悠貴:1、石山 泰寛:1、小根山 正貴:1、網木 学:1、原 義明:1、成田 和広:1、後藤 学:1、藤野 昇三:1、日月 裕司:1、関川 浩司:1

1:川崎幸病院・外科

大腸癌化学療法中のがん関連ディスペプジア症状に対するアコファイドの有効性

抗がん薬治療開始初期の大腸がん患者の上肢機能, ADLおよびHRQoLに関する検討

演題番号 : O75-3

田畑 阿美:1、金井 雅史:2、坪山 直生:1,3、加藤 寿宏:1

1:京都大学・人間健康科学系専攻、2:京都大学附属病院・腫瘍内科、3:佛教大学・保健医療技術学部

抗がん薬治療開始初期の大腸がん患者の上肢機能, ADLおよびHRQoLに関する検討

婦人科癌患者におけるPNIを用いた予後予測の有用性と終末期の化学療法の意義を問う

演題番号 : O75-4

平山 貴士:1、藤野 一成:1、寺尾 泰久:1、板倉 敦夫:1

1:順天堂大学附属順天堂医院・産婦人科

婦人科癌患者におけるPNIを用いた予後予測の有用性と終末期の化学療法の意義を問う

漢方サポートチーム介入によるがん患者QOLの変化についての検討

演題番号 : O75-5

板倉 英俊:1、伊東 友弘:1、芹澤 敬子:1

1:神奈川県立がんセンター・東洋医学科

漢方サポートチーム介入によるがん患者QOLの変化についての検討

優秀演題
サバイバーシップケアモデルに対するオンコロジスト・プライマリケア医の意識比較調査

演題番号 : O75-6

土屋 雅子:1、鈴木 達也:2、富塚 太郎:3、藤田 理紗子:1、青儀 健二郎:4、森 文子:5、高橋 都:1

1:国立がん研究センター・がん対策情報センターがんサバイバーシップ支援部、2:国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科、3:国立がん研究センター・がん対策情報センター・がん臨床情報部、4:四国がんセンター・乳腺外科、5:国立がん研究センター中央病院・看護部

優秀演題<br>サバイバーシップケアモデルに対するオンコロジスト・プライマリケア医の意識比較調査