セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演70
中枢神経系腫瘍
開催回
第58回・2020年・京都

Grade2,3神経膠腫におけるMET-PETでのIDH変異とMGMTプロモーターメチル化率の予測

演題番号 : O70-1

沖田 典子:1,2、正札 智子:3、兼松 大介:3、吉岡 絵麻:3、児玉 良典:4、眞能 正幸:5、木下 学:1,6、埜中 正博:7、藤中 俊之:2、金村 米博:2,3

1:大阪国際がんセンター・脳神経外科、2:大阪医療センター・脳神経外科、3:大阪医療センター・臨床研究センター・先進医療研究開発部、4:神戸大学・病理ネットワーク学部門、5:大阪医療センター・臨床検査科、6:大阪大学・脳神経外科、7:関西医科大学附属病院・脳神経外科

Grade2,3神経膠腫におけるMET-PETでのIDH変異とMGMTプロモーターメチル化率の予測

PET検査を用いた膠芽腫に対するbevacizumab療法の効果判定

演題番号 : O70-2

三宅 啓介:1、小川 大輔:1、畠山 哲宗:1、田宮 隆:1

1:香川大学・脳神経外科

PET検査を用いた膠芽腫に対するbevacizumab療法の効果判定

Leksell Gamma Knife Iconマスクシステムによる転移性脳腫瘍1000回治療経験

演題番号 : O70-3

川辺 拓也:1、佐藤 学:1

1:洛西シミズ病院・脳神経外科

Leksell Gamma Knife Iconマスクシステムによる転移性脳腫瘍1000回治療経験

Diffuse midline glioma, H3. K27-M mutantの非造影部位における拡散強調画像高信号

演題番号 : O70-4

山崎 文之:1、高安 武志:1、高野 元気:1、米澤 潮:1、田口 慧:1、池田 昂輝:1、杉山 一彦:2

1:広島大学病院・脳神経外科、2:広島大学病院・がん化学療法科

Diffuse midline glioma, H3. K27-M mutantの非造影部位における拡散強調画像高信号

中枢神経系原発悪性リンパ腫における地固め大量シタラビン療法の安全性と有効性

演題番号 : O70-5

佐々木 重嘉:1、小林 啓一:1、齊藤 邦昭:1、佐々木 佑太:1、菅 優真:1、山岸 夢希:2,3、清水 早紀:1、塩川 芳昭:1、永根 基雄:1

1:杏林大学・脳神経外科、2:国立がん研究センター研究所・脳腫瘍連携研究分野、3:杏林大学・脳神経外科

中枢神経系原発悪性リンパ腫における地固め大量シタラビン療法の安全性と有効性

悪性脳腫瘍に対する光線力学療法の現状と課題

演題番号 : O70-6

篠山 隆司:1、田中 一寛:1、藤田 祐一:1、橋口 充:1、坂田 純一:1、甲田 章将:1、谷口 理章:1

1:神戸大学・脳神経外科

悪性脳腫瘍に対する光線力学療法の現状と課題