セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演42
内分泌未治療転移性前立腺癌
開催回
第58回・2020年・京都

mHNPC患者におけるUp front abiraterone療法の検討

演題番号 : O42-1

植村 公一:1、三好 康秀:1、深澤 武史:3、安井 将人:1、米山 脩子:2、河原 崇司:1、滝沢 明利:2、太田 純一:4、小林 一樹:3、上村 博司:1

1:横浜市立大学附属市民総合医療センター・泌尿器・腎移植科、2:国際親善総合病院・泌尿器科、3:横須賀共済病院・泌尿器科、4:横浜市立市民病院・泌尿器科

mHNPC患者におけるUp front abiraterone療法の検討

転移性ホルモン未治療前立腺癌に対するアビラテロン併用ホルモン治療の初期使用経験

演題番号 : O42-2

柳澤 孝文:1、鈴木 裕崇:1、川原田 綺香:2、大塚 崇史:2、中薗 実:2、阪中 啓吾:2、大林 広輝:1、木村 高弘:2、三木 淳:1、頴川 晋:2

1:東京慈恵会医科大学附属柏病院・泌尿器科、2:東京慈恵会医科大学・泌尿器科

転移性ホルモン未治療前立腺癌に対するアビラテロン併用ホルモン治療の初期使用経験

未治療転移性前立腺癌に対するアビラテロンの治療効果:CAB療法、ADT単独療法との比較

演題番号 : O42-3

金尾 健人:1、高橋 崇志:1、竹内 玲衣:1、梅澤 佑太:1、金子 剛:1、岡部 尚志:1、城武 卓:1、西本 紘嗣郎:1、小山 政史:1

1:埼玉医科大学国際医療センター・泌尿器腫瘍科

未治療転移性前立腺癌に対するアビラテロンの治療効果:CAB療法、ADT単独療法との比較

内分泌未治療転移性前立腺癌におけるUpfront治療の成績 real-world data in Japan

演題番号 : O42-4

田中 壽和:1、畠山 真吾:2、岩渕 郁哉:1、小笠原 賢:1、川口 俊明:1、大山 力:2

1:青森県立中央病院・泌尿器科、2:弘前大学・泌尿器科

内分泌未治療転移性前立腺癌におけるUpfront治療の成績 real-world data in Japan

Androgen Receptor (AR) and non-AR Aberrations Associated With Outcomes in Metastatic Castration-Sensitive Prostate Cancer (mCSPC) Treated With Apalutamide Plus Androgen Deprivation Therapy in TITAN

演題番号 : O42-5

植村 天受:1、Kim N. Chi:2、Thomas Shibu:3、Michael Gormley:3、Neeraj Agarwal:4、Felix Feng:5、Gerhardt Attard:6、Alex Wyatt:2、Deborah S. Ricci:3、Angela Lopez-Gitlitz:3、Julie S. Larsen:3、Branko Miladinovic:3、Simon Chowdhury:7

1:近畿大学・泌尿器科、2:The University of British Columbia Vancouver Prostate Centre、3:Research & Development, Janssen、4:Huntsman Cancer Institute, University of Utah、5:Helen Diller Family Comprehensive Cancer Center, University of California、6:Univeristy College London Cancer Institute、7:Guy's, King's, and St Thomas' Hospitals, and Sarah Cannon Research Institute

Androgen Receptor (AR) and non-AR Aberrations Associated With Outcomes in Metastatic Castration-Sensitive Prostate Cancer (mCSPC) Treated With Apalutamide Plus Androgen Deprivation Therapy in TITAN

アジア人におけるハイボリュームを規定する骨転移数の検討: 後ろ向き多施設研究

演題番号 : O42-6

坂本 信一:1、山田 康隆:1、梨井 隼菱:1、今村 有佑:1、加藤 繭子:1、馬場 晴喜:1、佐塚 智和:1、小宮 顕:1、赤倉 功一郎:2、市川 智彦:1

1:千葉大学附属病院・泌尿器科、2:東京新宿メディカルセンター・泌尿器科

アジア人におけるハイボリュームを規定する骨転移数の検討: 後ろ向き多施設研究

日本人転移性前立腺癌におけるCHAARTEDとLATTITUDEハイリスク分類の再検討

演題番号 : O42-7

坂本 信一:1、山田 康隆:1、梨井 隼菱:1、今村 有佑:1、加藤 繭子:1、馬場 晴喜:1、佐塚 智和:1、小宮 顕:1、赤倉 功一郎:2、市川 智彦:1

1:千葉大学・泌尿器科、2:東京新宿メディカルセンター・泌尿器科

日本人転移性前立腺癌におけるCHAARTEDとLATTITUDEハイリスク分類の再検討