セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演41
尿路上皮癌 免疫チェックポイント阻害薬
開催回
第58回・2020年・京都

根治切除不能尿路上皮癌に対する2nd lineとしてのPembrolizumabと化学療法の治療効果

演題番号 : O41-1

成田 拓磨:1、畠山 真吾:1、田中 壽和:2、野呂 大輔:3、細越 正吾:4、得居 範子:5、濱谷 智子:1、濱野 逸人:1、岩村 大径:1、岡本 哲平:1、山本 勇人:1、今井 篤:1、米山 高弘:1、橋本 安弘:1、大山 力:1

1:弘前大学・泌尿器科、2:青森県立中央病院・泌尿器科、3:下北医療センターむつ総合病院・泌尿器科、4:青森市立青森市民病院・泌尿器科、5:大館市立総合病院・泌尿器科

根治切除不能尿路上皮癌に対する2nd lineとしてのPembrolizumabと化学療法の治療効果

Pembrolizumabの有効性について-山形泌尿器疾患研究グループ69症例での検討-

演題番号 : O41-2

伊藤 英:1、小島 遼一:1、菊田 雅斗:1、川村 裕子:1、金子 尚嗣:1、柿﨑 弘:1、窪木 祐弥:2、末永 信太:3、牛島 正毅:2、小澤 迪喜:4、成澤 貴史:2、八木 真由:2、柴崎 智宏:4、石井 達矢:5、土谷 順彦:2

1:日本海総合病院・泌尿器科、2:山形大学附属病院・腎泌尿器外科、3:山形県立新庄病院・泌尿器科、4:山形市立病院済生館・泌尿器科、5:いしい腎泌尿器科クリニック

Pembrolizumabの有効性について-山形泌尿器疾患研究グループ69症例での検討-

当院における進行性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ治療および次治療の検討

演題番号 : O41-3

金子 剛:1、梅澤 佑太:1、藤堂 真紀:2、石川 詩帆:2、髙橋 崇志:1、竹内 玲衣:1、岡部 尚志:1、鈴木 賢次郎:1、城武 卓:1、西本 紘嗣郎:1、金尾 健人:1、小山 政史:1

1:埼玉医科大学国際医療センター・泌尿器腫瘍科、2:埼玉医科大学国際医療センター・薬剤部

当院における進行性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ治療および次治療の検討

転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ後のTC療法の臓器別治療効果

演題番号 : O41-4

古林 伸紀:1、根岸 孝仁:1、三浦 章宏:1、中村 暢孝:1、中村 元信:1

1:九州がんセンター

転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ後のTC療法の臓器別治療効果

泌尿器癌における免疫チェックポイント阻害剤早期奏効予測バイオマーカーの開発

演題番号 : O41-5

加藤 大悟:1,2、弓場 覚:1、山道 岳:1、冨山 栄輔:1、洪 陽子:1、松下 慎:1、中野 剛佑:1、林 裕次郎:1、波多野 浩士:1、河嶋 厚成:1、氏家 剛:1、清谷 一馬:3、植村 元秀:1,2、野々村 祝夫:1

1:大阪大学・泌尿器科、2:大阪大学・泌尿器癌免疫治療学、3:がん研究会・がんプレシジョン医療研究センター

泌尿器癌における免疫チェックポイント阻害剤早期奏効予測バイオマーカーの開発