セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演40
転移性骨腫瘍
開催回
第58回・2020年・京都

下肢切迫骨折を伴う非小細胞肺癌へのPembrolizumabにより手術回避と腫瘍縮小を得た2例

演題番号 : O40-1

淺野 陽平:1、山本 憲男:1、林 克洋:1、武内 章彦:1、三輪 真嗣:1、五十嵐 健太郎:1、米澤 宏隆:1、荒木 麗博:1、森永 整:1、笠原 寿郎:2、土屋 弘行:1

1:金沢大学附属病院・整形外科、2:金沢大学附属病院・呼吸器内科

下肢切迫骨折を伴う非小細胞肺癌へのPembrolizumabにより手術回避と腫瘍縮小を得た2例

当科にて経験した防ぎ得た転移性上腕骨骨腫瘍について

演題番号 : O40-2

藤丸 直弥:1、山本 憲男:2、林 克洋:2、武内 章彦:2、三輪 真嗣:2、五十嵐 健太郎:2、米澤 宏隆:2、荒木 麗博:2、森永 整:2、淺野 陽平:2、土屋 弘行:2

1:市立輪島病院・整形外科、2:金沢大学・整形外科

当科にて経験した防ぎ得た転移性上腕骨骨腫瘍について

当科における四肢の転移性骨腫瘍に対する治療経験

演題番号 : O40-3

藤丸 直弥:1、山本 憲男:2、林 克洋:2、武内 章彦:2、三輪 真嗣:2、五十嵐 健太郎:2、米澤 宏隆:2、荒木 麗博:2、森永 整:2、淺野 陽平:2、土屋 弘行:2

1:市立輪島病院・整形外科、2:金沢大学・整形外科

当科における四肢の転移性骨腫瘍に対する治療経験

転移性骨腫瘍に対する針生検の有効性

演題番号 : O40-4

浜田 俊介:1、藤原 那沙:1、吉田 雅博:1、筑紫 聡:1

1:愛知県がんセンター・整形外科

転移性骨腫瘍に対する針生検の有効性

がん患者におけるランマーク中止後の多発椎体骨折に関する調査

演題番号 : O40-5

藤原 那沙:1、濵田 俊介:1、吉田 雅博:1、筑紫 聡:1

1:愛知県がんセンター・整形外科

がん患者におけるランマーク中止後の多発椎体骨折に関する調査

神経内分泌腫瘍(カルチノイド)における転移性骨腫瘍の特徴

演題番号 : O40-6

吉田 雅博:1、筑紫 聡:1、濱田 俊介:1、藤原 那沙:1

1:愛知県がんセンター

神経内分泌腫瘍(カルチノイド)における転移性骨腫瘍の特徴

脊椎転移による麻痺のある65歳以上の高齢者にも手術加療は有効である

演題番号 : O40-7

藤沼 渉:1、時崎 暢:1、阿部 哲士:1、佐藤 健二:1、北川 知明:1、河野 博隆:1

1:帝京大学附属病院・整形外科

脊椎転移による麻痺のある65歳以上の高齢者にも手術加療は有効である