セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演39
原発性骨・軟部腫瘍
開催回
第58回・2020年・京都

軟部肉腫に対するトラベクテジン投与時の腫瘍反応および有害事象発現の時間経過分析

演題番号 : O39-1

遠藤 誠:1、高橋 俊二:2、荒木 信人:3、杉浦 英志:4、上田 孝文:5、米本 司:6、高橋 満:7、森岡 秀夫:8、平賀 博明:9、比留間 徹:10、国定 俊之:11、松峯 昭彦:12、合田 風人:13、川井 章:14

1:九州大学病院・整形外科、2:がん研究会有明病院・総合腫瘍科、3:大阪国際がんセンター・整形外科、4:名古屋大学・保健学科、5:それいゆ会こだま病院・整形外科、6:千葉県がんセンター・整形外科、7:静岡県立静岡がんセンター・整形外科、8:東京医療センター・整形外科、9:北海道がんセンター・骨軟部腫瘍科、10:神奈川県立がんセンター 骨軟部腫瘍外科、11:岡山大学病院・整形外科、12:福井大学・整形外科、13:大鵬薬品工業株式会社、14:国立がん研究センター中央病院・骨軟部腫瘍・リハビリテーション科

軟部肉腫に対するトラベクテジン投与時の腫瘍反応および有害事象発現の時間経過分析

軟部肉腫手術における合併症とその関連因子

演題番号 : O39-2

藤渕 剛次:1、宮脇 城二:1、木谷 彰岐:1、三浦 裕正:1

1:愛媛大学・整形外科

軟部肉腫手術における合併症とその関連因子

難治性肉腫に対する樹状細胞を用いた免疫療法:腫瘍免疫状態と治療効果の相関

演題番号 : O39-3

三輪 真嗣:1、山本 憲男:1、西田 英司:1、林 克洋:1、武内 章彦:1、五十嵐 健太郎:1、米澤 宏隆:1、荒木 麗博:1、森永 整:1、淺野 洋平:1、野島 孝之:1、土屋 弘行:1

1:金沢大学・整形外科

難治性肉腫に対する樹状細胞を用いた免疫療法:腫瘍免疫状態と治療効果の相関

原発骨腫瘍手術における術中ナビゲーションの有用性~3例の経験を通して~

演題番号 : O39-4

竹山 昌伸:1、川端 佑介:1、林田 健太:1、稲葉 裕:1

1:横浜市立大学附属病院・整形外科

原発骨腫瘍手術における術中ナビゲーションの有用性~3例の経験を通して~

優秀演題
骨巨細胞腫治療におけるDenosumabの臨床学的意義: 258例の後方視的多施設共同研究

演題番号 : O39-5

浅野 尚文:1、斎藤 誠人:1,2、菊田 一貴:3、小林 英介:2、竹内 克仁:5、渡辺 逸央:4、森井 健司:6、穴澤 卯圭:4、鈴木 禎寿:7、川井 章:2、森岡 秀夫:8、中村 雅也:1、松本 守雄:1、中山 ロバート:1

1:慶應義塾大学・整形外科、2:国立がん研究センター中央病院・骨軟部腫瘍科、3:栃木県立がんセンター・骨軟部腫瘍科・整形外科、4:東京歯科大学市川総合病院・整形外科、5:横浜市南部病院・整形外科、6:杏林大学・整形外科、7:立川病院・整形外科、8:東京医療センター・整形外科

優秀演題<br>骨巨細胞腫治療におけるDenosumabの臨床学的意義: 258例の後方視的多施設共同研究

骨肉腫における生検組織内の破骨細胞数による術前補助化学療法の有効性の予測

演題番号 : O39-6

荒木 麗博:1、山本 憲男:1、林 克洋:1、武内 章彦:1、三輪 真嗣:1、五十嵐 健太郎:1、樋口 貴史:1、米澤 宏隆:1、森永 整:1、淺野 洋平:1、野島 孝之:1,2、土屋 弘行:1

1:金沢大学・整形外科、2:金沢大学附属病院・病理部

骨肉腫における生検組織内の破骨細胞数による術前補助化学療法の有効性の予測

優秀演題
高悪性骨肉腫の新規治療標的遺伝子変化におけるサンプリング部位による影響

演題番号 : O39-7

末原 義之:1,2、Deepu Alex:2、林 大久生:2,5、Anita Bowman:2、Sumit Middha:2、Ahmet Zehir:2、Lu Wang:2、Paul Meyers:3、John Healey:4、Meera Hameed:2、Marc Ladanyi:2

1:順天堂大学・整形外科、2:メモリアルスローンケタリングがんセンター・病理部、3:メモリアルスローンケタリングがんセンター・小児科、4:メモリアルスローンケタリングがんセンター・整形外科、5:順天堂大学・人体病理病態

優秀演題<br>高悪性骨肉腫の新規治療標的遺伝子変化におけるサンプリング部位による影響