セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演29
膵臓 1
開催回
第58回・2020年・京都

膵管内乳頭粘液性腫瘍におけるhigh-grade dysplasiaの術前予測因子

演題番号 : O29-1

今井 寿:1、田中 秀治:1、東 敏弥:1、今井 健晴:1、木山 茂:1、田中 善宏:1、奥村 直樹:1、松橋 延壽:1、村瀬 勝俊:1、高橋 孝夫:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学附属病院・消化器外科

膵管内乳頭粘液性腫瘍におけるhigh-grade dysplasiaの術前予測因子

当院における膵神経内分泌腫瘍に対する外科的治療の考え方

演題番号 : O29-2

阿部 紘大:1、北郷 実:1、八木 洋:1、阿部 雄太:1、長谷川 康:1、堀 周太郎:1、田中 真之:1、中野 容:1、横瀬 崇寛:1、嶋根 学:1、北川 雄光:1

1:慶應義塾大学・外科

当院における膵神経内分泌腫瘍に対する外科的治療の考え方

優秀演題
2cm以下膵神経内分泌腫瘍切除における予後因子の検討

演題番号 : O29-3

播本 憲史:1、石井 範洋:1、塚越 真梨子:1、五十嵐 隆通:1、渡辺 亮:1、久保 憲生:1、新木 健一郎:1、調 憲:1、細内 康男:2、鈴木 秀樹:5、荒川 和久:4、平井 健太郎:3、深澤 正晴:6、伊古田 勇人:7

1:群馬大学・肝胆膵外科、2:前橋病院・外科、3:高崎総合医療センター・消化器外科、4:前橋赤十字病院・外科、5:伊勢崎市民病院・外科、6:群馬中央病院・外科、7:群馬大学・病態病理学

優秀演題<br>2cm以下膵神経内分泌腫瘍切除における予後因子の検討

転移性膵腫瘍切除例における臨床的特徴と治療成績の検討

演題番号 : O29-4

木下 翔太郎:1、林 洋光:1、谷崎 卓実:1、松本 嵩史:1、北野 雄希:1、甲斐田 剛圭:1、今井 克憲:1、山下 洋市:1、馬場 秀夫:1

1:熊本大学・消化器外科

転移性膵腫瘍切除例における臨床的特徴と治療成績の検討