セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演28
大腸 2
開催回
第58回・2020年・京都

大腸癌肝転移における術前分子標的薬+化学療法のバイオマーカー検討

演題番号 : O28-1

松橋 延壽:1、富田 弘之:1、髙橋 孝夫:1、岩田 紀至:1、深田 真宏:1、木山 茂:1、安福 至:1、末次 智成:1、今井 健晴:1、今井 寿:1、田中 善宏:1、奥村 直樹:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学附属病院

大腸癌肝転移における術前分子標的薬+化学療法のバイオマーカー検討

進行再発大腸癌に対する1次治療としてのCAPOX(L-OHP 100mg/m2)+BEV療法の有効性の検討

演題番号 : O28-2

金 浩敏:1,13、工藤 敏啓:2,13、長谷川 順一:3,13、中田 健:4,13、加藤 健志:5,13、村田 幸平:6,13、真貝 竜史:7,13、武元 浩新:8,13、池永 雅一:9,13、植村 守:12,13、松田 宙:10,13、佐藤 太郎:11,13、水島 恒和:12,13、土岐 祐一郎:12,13、江口 英利:12,13

1:りんくう総合医療センター・外科、2:大阪国際がんセンター・腫瘍内科、3:大阪労災病院・外科、4:堺市立総合医療センター・外科、5:大阪医療センター・外科、6:関西労災病院・外科、7:大阪府済生会千里病院・外科、8:近畿中央病院・外科、9:市立東大阪医療センター・外科、10:大阪国際がんセンター・消化器外科、11:大阪大学・先進癌薬物療法開発部、12:大阪大学・消化器外科、13:大阪大学消化器外科共同研究会・大腸疾患分科会

進行再発大腸癌に対する1次治療としてのCAPOX(L-OHP 100mg/m2)+BEV療法の有効性の検討

大腸癌同時性肝転移切除症例における術後補助化学療法レジメン選択の意義

演題番号 : O28-3

井 祐樹:1、杉本 起一:1、入江 宇大:1、塚本 亮一:1、呉 一眞:1、本庄 薫平:1、岡澤 裕:1、河合 雅也:1、河野 眞吾:1、宗像 慎也:1、高橋 玄:1、小島 豊:1、須郷 広之:2、冨木 裕一:1、坂本 一博:1

1:順天堂大学附属順天堂医院・下部消化管外科、2:順天堂大学附属練馬病院・総合外科

大腸癌同時性肝転移切除症例における術後補助化学療法レジメン選択の意義

当科におけるConversion SurgeryにむけたFOLFOXIRI療法の検討

演題番号 : O28-4

喜多 芳昭:1、盛 真一郎:1、和田 真澄:1、田辺 寛:1、馬場 研二:1、有上 貴明:1、佐々木 健:1、大塚 隆生:1

1:鹿児島大学・消化器・乳腺甲状腺外科

当科におけるConversion SurgeryにむけたFOLFOXIRI療法の検討

腫瘍縮小を意識した切除不能・困難な進行再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法

演題番号 : O28-5

高橋 孝夫:1、松橋 延壽:1、岩田 紀至:1、木山 茂:1、今井 健晴:1、今井 寿:1、田中 善宏:1、奥村 直樹:1、村瀬 勝俊:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学附属病院・消化器外科

腫瘍縮小を意識した切除不能・困難な進行再発大腸癌に対するFOLFOXIRI療法

RAS野生型進行大腸癌の一次治療にFOLFOXIRI±Bevacizumabを使うことは妥当か?

演題番号 : O28-6

小林 和真:1、岡田 怜美:1、福本 将之:1、井上 悠介:1、久芳 さやか:1、森田 道:1、本田 琢也:3、福田 実:3、小坂 太一郎:1、足立 智彦:1、伊藤 信一郎:1、日高 匡章:1、金高 賢悟:1,2、江口 晋:1

1:長崎大学・移植・消化器外科、2:長崎大学・消化器再生医療学講座、3:長崎大学病院・がん診療センター

RAS野生型進行大腸癌の一次治療にFOLFOXIRI±Bevacizumabを使うことは妥当か?

FOLFOXIRI+Bevacizumab:本邦における2種類のレジメンの比較

演題番号 : O28-7

風間 慶祐:1,2、塩澤 学:1、菅野 伸洋:1、佐藤 純人:1、高村 卓志:1、岡本 浩直:1、井口 健太:1、額田 卓:1、沼田 正勝:2、青山 徹:2、玉川 洋:2、大島 貴:1,2、湯川 寛夫:2、益田 宗孝:2、利野 靖:2

1:神奈川県立がんセンター・消化器外科、2:横浜市立大学附属病院・外科治療学

FOLFOXIRI+Bevacizumab:本邦における2種類のレジメンの比較