セッション情報

口演

第58回・2020年・京都
口演
一般口演24
胃 免疫療法・その他2
開催回
第58回・2020年・京都

胃癌患者650例におけるニボルマブの使用成績調査

演題番号 : O24-1

朴 成和:1、山口 研成:2、室 圭:3、吉田 和弘:4、馬場 秀夫:5、田中 慎治:6、赤松 あゆみ:6、佐野 武:7

1:国立がん研究センター中央病院・消化管内科、2:がん研究会有明病院・消化器化学療法科、3:愛知県がんセンター・薬物療法部、4:岐阜大学・腫瘍外科学、5:熊本大学・消化器外科、6:小野薬品工業株式会社・ファーマコヴィジランス部、7:がん研究会有明病院・消化器外科

胃癌患者650例におけるニボルマブの使用成績調査

切除不能進行・再発胃癌に対するニボルマブ免疫療法を介した治療戦略

演題番号 : O24-2

有上 貴明:1、松下 大輔:2、大久保 啓史:2、喜多 芳昭:2、盛 真一郎:2、佐々木 健:2、野田 昌宏:2、大塚 隆生:1,2

1:鹿児島大学・がん病態外科学、2:鹿児島大学・消化器・乳腺甲状腺外科

切除不能進行・再発胃癌に対するニボルマブ免疫療法を介した治療戦略

Pembrolizumab for PD-L1-Positive Advanced Gastric/Gastroesophageal Junction Cancer in the KEYNOTE-059, KEYNOTE-061, and KEYNOTE-062 Studies

演題番号 : O24-3

Kei Muro:1、Kohei Shitara:2、Yung-Jue Bang:3、Hyun Cheol Chung:4、Jen-Shi Chen:5、Uma Kher:6、Sukrut Shah:6、Kensei Yamaguchi:7

1:Aichi Cancer Center Hospital, Nagoya, Japan Clinical Oncology、2:National Cancer Center Hospital East, Kashiwa, Japan Gastrointestinal Oncology、3:South Korea Internal Medicine, Seoul National University College of Medicine, Seoul、4:Yonsei Cancer Center, Yonsei University College of Medicine, Seoul, South Korea Medical Oncology、5:Division of Hematology-Oncology, Linkou Chang Gung Memorial Hospital, Tao-Yuan, Taiwan、6:Merck & Co., Inc., Kenilworth, NJ, USA Medical Oncology、7:The Cancer Institute Hospital of JFCR, Tokyo, Japan Department of Gastroenterological Chemotherapy

Pembrolizumab for PD-L1-Positive Advanced Gastric/Gastroesophageal Junction Cancer in the KEYNOTE-059, KEYNOTE-061, and KEYNOTE-062 Studies

胃癌におけるICI治療の効果予測因子としてのirAEの意義とその後治療への影響

演題番号 : O24-4

横山 怜子:1、中村 文香:1、佐藤 康史:1、岸 和弘:2、和田 浩典:1、友成 哲:1、北村 晋志:1、岡本 耕一:1、宮本 弘志:1、六車 直樹:1、岡久 稔也:1、高山 哲治:1

1:徳島大学・消化器内科、2:徳島市民病院・内科

胃癌におけるICI治療の効果予測因子としてのirAEの意義とその後治療への影響

胃がんにおける腸内細菌叢バイオマーカー探索に対する採便検査の臨床実装

演題番号 : O24-5

砂川 優:1、的場 亮:2、佐藤 慶治:2、西山 光恵:3、森原 元彦:3、寺内 淳:3、市川 度:4、藤井 雅志:5

1:聖マリアンナ医科大学・臨床腫瘍学、2:DNAチップ研究所、3:日本マイクロバイオームコンソーシアム、4:昭和大学藤が丘病院・腫瘍内科・緩和医療科、5:日本がん臨床試験推進機構(JACCRO)

胃がんにおける腸内細菌叢バイオマーカー探索に対する採便検査の臨床実装