セッション情報

ワークショップ

第58回・2020年・京都
ワークショップ
ワークショップ 10
転移性尿路上皮癌に対するペムブロリズマブの治療効果と予後予測
開催回
第58回・2020年・京都

Performance statusが低下した尿路上皮癌症例に対するペムブロリズマブの治療成績

演題番号 : WS10-1

伊藤 克弘:1,2,5、小林 恭:2,5、小島 崇宏:4,5、北村 寛:3,5、小川 修:2,5、西山 博之:4,5

1:武田総合病院・泌尿器科、2:京都大学・泌尿器科、3:富山大学・腎泌尿器科、4:筑波大学・腎泌尿器科・男性機能科、5:Japan Urological Oncology Group

Performance statusが低下した尿路上皮癌症例に対するペムブロリズマブの治療成績

高齢進行性尿路上皮癌患者に対するPembrolizumabに関する多施設共同後ろ向き研究:JUOG

演題番号 : WS10-2

西山 直隆:1、北村 寛:1、成田 伸太郎:2、小島 崇宏:3、小林 恭:4、西山 博之:3

1:富山大学・腎泌尿器科、2:秋田大学・腎泌尿器外科、3:筑波大学・腎泌尿器外科、4:京都大学・泌尿器科

高齢進行性尿路上皮癌患者に対するPembrolizumabに関する多施設共同後ろ向き研究:JUOG

進行尿路上皮癌へのペンブロリズマブ効果予測に治療前後好中球リンパ球比が有用

演題番号 : WS10-3

角野 佳史:1、門本 卓:1、岩本 大旭:1、八重樫 洋:1、泉 浩二:1、神島 泰樹:1,2、瀬戸 親:2、高野 晃暢:1,3、四柳 智嗣:3、中川 竜之介:4、宮城 徹:4、青山 周平:5、朝日 秀樹:6、福田 理恵:1,7、溝上 敦:1

1:金沢大学・泌尿器集学的治療学、2:富山県立中央病院、3:高岡病院、4:石川県立中央病院、5:公立能登総合病院、6:加賀市医療センター、7:福井県済生会病院

進行尿路上皮癌へのペンブロリズマブ効果予測に治療前後好中球リンパ球比が有用

転移性尿路上皮癌における生涯喫煙量とペンブロリズマブの治療効果の関係

演題番号 : WS10-4

福岡屋 航:1,3、木村 高弘:1,2、柳澤 孝文:1,3、木村 章嗣:1,2、都筑 俊介:1,2、江井 裕紀:1,7、田中 政俊:1,3、占部 文彦:1,2、大沼 源:1,4、本田 真理子:1,4、三木 淳:1,3、大山 優:6、安倍 弘和:5、頴川 晋:1,2

1:東京慈恵会医科大学・泌尿器科、2:東京慈恵会医科大学附属病院・泌尿器科、3:東京慈恵会医科大学附属柏病院・泌尿器科、4:東京慈恵会医科大学附属葛飾医療センター・泌尿器科、5:亀田総合病院・泌尿器科、6:亀田総合病院・腫瘍内科、7:厚木市立病院・泌尿器科

転移性尿路上皮癌における生涯喫煙量とペンブロリズマブの治療効果の関係

尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ治療のリアルワールドデータと予後予測モデル構築

演題番号 : WS10-5

小林 恭:1,5、伊藤 克弘:1,2,5、小島 崇宏:3,5、小川 修:1,5、北村 寛:4,5、西山 博之:3,5

1:京都大学・泌尿器科、2:武田総合病院・泌尿器科、3:筑波大学附属病院・腎泌尿器外科、4:富山大学・腎泌尿器科、5:Japan Urological Oncology Group

尿路上皮癌に対するペムブロリズマブ治療のリアルワールドデータと予後予測モデル構築