セッション情報

プレナリーセッション

第58回・2020年・京都
プレナリーセッション
プレナリーセッション
プレナリーセッション:最優秀演題講演1~8
開催回
第58回・2020年・京都

食道癌DCF療法における成分栄養剤の口腔粘膜炎抑制の検討 (EPOC2試験:JFMC49-1601-C5)

演題番号 : PS-1

中島 雄一郎:1、田中 善宏:2、竹内 裕也:3、大辻 英吾:4、永野 浩昭:5、松原 久裕:6、馬場 秀夫:7、江見 泰徳:8、沖 英次:1、上野 尚雄:9、富塚 健:10、森田 智視:11、前原 喜彦:12、北川 雄光:13、吉田 和弘:2

1:九州大学・消化管外科、2:岐阜大学・腫瘍外科、3:浜松医科大学医学部附属病院上部消化管外科、4:京都府立医科大学消化器外科、5:山口大学大学院医学系研究科消化器腫瘍外科、6:千葉大学大学院医学研究院先端応用外科、7:熊本大学大学院生命科学研究部消化器外科学、8:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福岡県済生会福岡総合病院外科、9:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院歯科、10:公益財団法人がん研究会有明病院歯科、11:京都大学大学院医学研究科医学統計生物情報学、12:公立学校共済組合 九州中央病院、13:慶應義塾大学医学部一般・消化器外科

食道癌DCF療法における成分栄養剤の口腔粘膜炎抑制の検討 (EPOC2試験:JFMC49-1601-C5)

早期結腸癌におけるCAPOX術後補助療法(3 vs 6ヶ月)の有効性に対するT4/N2の影響

演題番号 : PS-2

山中 竹春:1、吉野 孝之:2、小髙 雅人:3、間中 大:4、塩澤 学:5、坂本 康寛:6、宗本 義則:7、江頭 徹哉:8、沖 英次:9、山﨑 健太郎:10、水島 恒和:11、須並 英二:12、大津 敦:14、前原 喜彦:13、森 正樹:9

1:横浜市立大学・臨床統計学、2:国立がん研究センター東病院・消化管内科、3:佐野病院・消化器がんセンター、4:京都桂病院・消化器センター・外科、5:神奈川県立がんセンター・消化器外科、6:大崎市民病院・腫瘍内科、7:福井県済生会病院・外科、8:総合病院土浦協同病院・消化器内科、9:九州大学・消化器・総合外科、10:静岡県立静岡がんセンター・消化器内科、11:大阪大学・消化器外科学、12:東京大学・腫瘍外科、13:九州中央病院、14:国立がん研究センター東病院

早期結腸癌におけるCAPOX術後補助療法(3 vs 6ヶ月)の有効性に対するT4/N2の影響

プラチナ抵抗性再発卵巣がんにおける単剤±ベバシズマブ継続使用の第II相比較試験

演題番号 : PS-3

安部 正和:1、庄子 忠宏:2、西川 伸道:3、平嶋 泰之:1、岡本 愛光:4、齋藤 達憲:5、大石 徹郎:6、永瀬 智:7、森 正彦:8、井ノ口 侑毅:9、上浦 祥司:10、杉山 徹:11

1:静岡県立静岡がんセンター・婦人科、2:岩手医科大学附属病院・産婦人科、3:新潟大学医歯学総合病院・産婦人科、4:東京慈恵会医科大学附属病院・産婦人科、5:八戸赤十字病院・産婦人科、6:鳥取大学医学部附属病院・産婦人科、7:山形大学医学部附属病院・産婦人科、8:愛知県がんセンター・婦人科、9:北里大学病院・グローバル臨床研究支援センター、10:大阪国際がんセンター・婦人科、11:聖マリア病院

プラチナ抵抗性再発卵巣がんにおける単剤±ベバシズマブ継続使用の第II相比較試験

腎細胞癌局所内制御性T細胞に特異的な分子CCR8の同定と治療標的としての可能性

演題番号 : PS-4

河嶋 厚成:1、加藤 大悟:1,2、波多野 浩士:1、氏家 剛:1、植村 元秀:1,2、木谷 友次郎:3,5、吉田 哲也:3,5、平田 道也:4,5、柳楽 盛男:5、大倉 永也:3、坂口 志文:6、和田 尚:4、野々村 祝夫:1

1:大阪大学・泌尿器科、2:大阪大学・泌尿器癌免疫治療学共同研究講座、3:大阪大学・基礎腫瘍免疫学共同研究講座、4:大阪大学・臨床腫瘍免疫学共同研究講座、5:塩野義製薬株式会社・創薬疾患研究所、6:大阪大学・免疫学フロンティア研究センター

腎細胞癌局所内制御性T細胞に特異的な分子CCR8の同定と治療標的としての可能性

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)における切除後再発危険因子から導いた術後surveillance法

演題番号 : PS-5

廣野 誠子:1、清水 泰博:2、大塚 隆生:3、金 俊文:4、原 和生:5、菅野 敦:6、越田 真介:7、花田 敬士:8、北野 雅之:9、井上 宏之:10、糸井 隆夫:11、植木 敏晴:12、肱岡 範:13、柳澤 昭夫:14、山上 裕機:1

1:和歌山県立医科大学・第2外科、2:愛知県がんセンター中央病院・消化器外科、3:九州大学・腫瘍外科、4:手稲渓仁会病院・消化器センター、5:愛知県がんセンター中央病院・消化器内科、6:東北大学・消化器内科、7:仙台オープン病院・消化器内科、8:尾道総合病院・消化器内科、9:近畿大学・消化器内科、10:三重大学・消化器・肝臓内科、11:東京医科大学・産婦人科、12:福岡大学筑紫病院・消化器内科、13:国立がんセンター中央病院・肝胆膵内科、14:京都第一赤十字病院・病理診断科

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)における切除後再発危険因子から導いた術後surveillance法

PALB2遺伝子変異による遺伝性乳癌9例に関する検討

演題番号 : PS-6

樋上 明音:1、川口 展子:2、仙田 典子:1、川田 有希子:1、村上 裕美:3、本田 明夏:3、山田 崇弘:3、吉田 健一:4、橘 強:5、山上 和彦:6、露木 茂:7、岡村 隆仁:8、小杉 眞司:3、小川 誠司:4、戸井 雅和:1

1:京都大学・乳腺外科、2:京都大学医学部附属病院・腫瘍内科、3:京都大学医学部附属病院・遺伝診療部、4:京都大学・腫瘍生物学、5:大津市民病院・乳腺外科、6:神鋼病院・乳腺外科、7:大阪赤十字病院・乳腺外科、8:大和高田市立病院・乳腺外科

PALB2遺伝子変異による遺伝性乳癌9例に関する検討

4型胃癌に対する術後/周術期化学療法としての腹腔内化学療法を検証する第Ⅲ相試験

演題番号 : PS-7

石神 浩徳:1、山下 裕玄:2、小寺 泰弘:3、今野 元博:4、福島 亮治:5、深川 剛生:5、藪崎 裕:6、伊藤 誠二:7、北山 丈二:8、山口 博紀:9、瀬戸 泰之:2

1:東京大学・外来化学療法部、2:東京大学医学部附属病院・胃食道外科、3:名古屋大学医学部附属病院・消化器外科2、4:近畿大学医学部附属病院・外科、5:帝京大学医学部附属病院・外科、6:新潟県立がんセンター新潟病院・消化器外科、7:愛知県がんセンター・消化器外科、8:自治医科大学附属病院・臨床研究センター、9:自治医科大学附属病院・臨床腫瘍科

4型胃癌に対する術後/周術期化学療法としての腹腔内化学療法を検証する第Ⅲ相試験

ハイリスクStage 2結腸癌における術後CEAの予後への影響:ACHIEVE-2試験からの検討

演題番号 : PS-8

塩見 明生:1、塩澤 学:2、間中 大:3、小高 雅人:4、坂本 康寛:5、牧山 明資:6、宗本 義則:7、沖 英次:8、山中 竹春:9、須並 英二:10、山﨑 健太郎:11、大津 敦:12、前原 喜彦:13、吉野 孝之:14

1:静岡県立静岡がんセンター大腸外科、2:神奈川県立がんセンター・消化器外科、3:京都桂病院・消化器センター・外科、4:佐野病院・消化器がんセンター、5:大崎市民病院・腫瘍内科、6:九州病院・血液腫瘍内科、7:福井県済生会病院・外科、8:九州大学・消化器・総合外科、9:横浜市立大学・臨床統計学教室、10:東京大学・腫瘍外科、11:静岡県立静岡がんセンター・消化器内科、12:国立がん研究センター東病院、13:九州中央病院、14:国立がん研究センター東病院・消化器内科

ハイリスクStage 2結腸癌における術後CEAの予後への影響:ACHIEVE-2試験からの検討