セッション情報

臓器別シンポジウム

第58回・2020年・京都
臓器別シンポジウム
臓器別シンポジウム 9
免疫療法時代における局所療法の意義
開催回
第58回・2020年・京都

免疫チェックポイント阻害剤と局所療法:理論的根拠と非小細胞肺癌における現状

演題番号 : SY9-1

田中 文啓:1、米田 和恵:1

1:産業医科大学・第2外科

免疫チェックポイント阻害剤と局所療法:理論的根拠と非小細胞肺癌における現状

放射線治療と免疫チェックポイント阻害剤併用の臨床応用に向けた現状と課題

演題番号 : SY9-2

佐藤 浩央:1

1:群馬大学・重粒子線医学研究センター

放射線治療と免疫チェックポイント阻害剤併用の臨床応用に向けた現状と課題

放射線治療と免疫療法併用における放射線治療の役割と可能性

演題番号 : SY9-3

渡邉 翼:1,2、溝脇 尚志:3、鈴木 実:1、Gabriele Niedermann:2

1:京都大学・複合原子力科学研究所・粒子線腫瘍学研究センター、2:Department of Radiation Oncology,University of Freiburg、3:京都大学・放射線腫瘍学・画像応用治療学

放射線治療と免疫療法併用における放射線治療の役割と可能性

免疫チェックポイント阻害薬時代に期待される集学的治療、最新の話題と課題

演題番号 : SY9-4

林 秀敏:1

1:近畿大学・内科学腫瘍内科

免疫チェックポイント阻害薬時代に期待される集学的治療、最新の話題と課題