セッション情報

特別企画シンポジウム

第56回・2018年・横浜
特別企画シンポジウム
特別企画シンポジウム5
Precision Medicineの検証 ―分子標的治療薬:新規治療標的分子の発見と実用化
開催回
第56回・2018年・横浜

ALK阻害剤がもたらしたもの

演題番号 : SSY5-1

演者)間野 博行:1

1:国立がん研究センター

ALK阻害剤がもたらしたもの

ゲノム解析に基づく分子標的治療薬の開発

演題番号 : SSY5-2

演者)中村 祐輔:1,2

1:シカゴ大学、2:がん研究会・がんプレシジョン医療研究センター

ゲノム解析に基づく分子標的治療薬の開発

CCR4を分子標的とするがん免疫療法

演題番号 : SSY5-3

演者)石田 高司:1、上田 龍三:2

1:岩手医科大学・血液腫瘍内科、2:愛知医科大学・腫瘍免疫寄附講座

CCR4を分子標的とするがん免疫療法

全エクソンシークエンス解析によるPARP阻害薬の新規バイオマーカーの提唱

演題番号 : SSY5-4

演者)織田 克利:1、長谷川 幸清:2、上田 恵子:3、上村 夕香理:3、樫山 智子:1、松本 陽子:1、西島 明:1,4、浅田 佳代:1,4、池田 悠至:2,5、谷川 道洋:1、大瀬戸 久美子:6、藤原 恵一:2、大須賀 穣:1、藤井 知行:1、油谷 浩幸:4

1:東京大学・産婦人科、2:埼玉医科大学国際医療センタ-・婦人科腫瘍科、3:東京大学附属病院・臨床研究支援センター、4:東京大学・先端科学技術研究センター・ゲノムサイエンス分野、5:日本大学・産婦人科、6:東京大学附属病院・ゲノム診療部

全エクソンシークエンス解析によるPARP阻害薬の新規バイオマーカーの提唱