セッション情報

パネルディスカッション

第56回・2018年・横浜
パネルディスカッション
パネルディスカッション6
胆道癌に対する集学的治療の現状
開催回
第56回・2018年・横浜

胆道癌に対する集学的治療と手術の限界

演題番号 : PD6-1

演者)江畑 智希:1、水野 隆史:1、横山 幸浩:1、伊神 剛:1、山口 淳平:1、尾上 俊介:1、渡辺 伸元:1、深谷 昌秀:1、上原 圭介:1、宮田 一志:1、相場 利貞:1、梛野 正人:1

1:名古屋大学・腫瘍外科

胆道癌に対する集学的治療と手術の限界

多施設研究によって胆道癌の臨床研究を賦活化する

演題番号 : PD6-2

演者)井岡 達也:1,15、金井 雅史:2,15、猪飼 伊和夫:3,15、落合 登志哉:4,15、味木 徹夫:5,15、寺嶋 宏明:6,15、小林 省吾:7,15、江口 英利:7,15、瀬尾 智:8,15、豊田 昌徳:9,15、竹村 茂一:1,10,11,15、柳本 泰明:2,12,15、生駒 久視:4,15、波多野 悦朗:8,13,15、永野 浩昭:7,14,15

1:大阪国際がんセンター・消化器検診科、2:京都大学附属病院・腫瘍内科、3:京都医療センター・外科、4:京都府立医科大学・消化器外科、5:神戸大学・国際がん医療・研究センター・外科、6:北野病院・消化器外科、7:大阪大学・外科、8:京都大学・外科、9:神戸大学附属病院・腫瘍・血液内科、10:大阪市立大学・肝胆膵外科、11:関西医科大学・外科、12:京都府立医科大学・外科、13:兵庫医科大学・外科、14:山口大学・消化器・腫瘍外科、15:関西肝胆道オンコロジーグループ(KHBO)

多施設研究によって胆道癌の臨床研究を賦活化する

胆道癌に対する薬物療法の動向

演題番号 : PD6-3

演者)金井 雅史:1、波多野 悦朗:2、永野 浩昭:3、井岡 達也:4

1:京都大学・腫瘍内科、2:兵庫医科大学・肝胆膵外科、3:山口大学・消化器・腫瘍外科、4:大阪国際がんセンター・消化器検診科

胆道癌に対する薬物療法の動向

胆道癌に対する新規薬剤の現状

演題番号 : PD6-4

演者)奥坂 拓志:1

1:国立がん研究センター・肝胆膵内科

胆道癌に対する新規薬剤の現状