セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター75
胃癌:基礎
開催回
第56回・2018年・横浜

E-cadherinおよび癌先進部―漿膜間距離と腹膜播種再発との関連性

演題番号 : P75-1

演者)栂野 真吾:1,2、八代 正和:1,2、黒田 顕慈:1,2、奥野 倫久:1,2、三木 友一朗:1,2、田村 達郎:1、豊川 貴弘:1、木村 健二郎:1、天野 亮介:1、田中 浩明:1、六車 一哉:1、平川 弘聖:1、大平 雅一:1

1:大阪市立大学・腫瘍外科、2:大阪市立大学・癌分子病態制御学

E-cadherinおよび癌先進部―漿膜間距離と腹膜播種再発との関連性

胃癌における間葉系幹細胞の発現と臨床病理学的因子および予後との関連

演題番号 : P75-2

演者)南 泰山:1、青柳 慶史朗:1、村上 直孝:1、磯辺 太郎:1、田中 侑哉:1、加来 秀彰:1、赤木 由人:1

1:久留米大学病院・外科

胃癌における間葉系幹細胞の発現と臨床病理学的因子および予後との関連

FGFR2をドライバー因子とするスキルス胃癌細胞株OCUM-14の樹立とその有用性

演題番号 : P75-3

演者)奥野 倫久:1,2、八代 正和:1,2、増田 剛:1、栂野 真吾:1,2、黒田 顕慈:1,2、三木 友一朗:1,2、笠島 裕明:1,2、平川 弘聖:1、大平 雅一:1

1:大阪市立大学・腫瘍外科、2:大阪市立大学・癌分子病態制御学

FGFR2をドライバー因子とするスキルス胃癌細胞株OCUM-14の樹立とその有用性

胃癌組織におけるMTA family発現の臨床的意義

演題番号 : P75-4

演者)奥川 喜永:1、問山 裕二:1、山本 晃:1、重盛 恒彦:1、市川 崇:1、安田 裕美:1、藤川 裕之:1、大北 喜基:1、吉山 繁幸:1、廣 純一郎:1、大井 正貴:1、荒木 俊光:1、楠 正人:1

1:三重大学・消化管・小児外科

胃癌組織におけるMTA family発現の臨床的意義

Thymidine phoshorylase阻害による5FU耐性の克服

演題番号 : P75-5

演者)森 龍太郎:1、末次 智成:1、棚橋 利行:1、山口 和也:1、二村 学:1、吉田 和弘:1

1:岐阜大学・腫瘍外科

Thymidine phoshorylase阻害による5FU耐性の克服

消化器癌におけるANXA1と他の癌関連遺伝子との関連

演題番号 : P75-6

演者)齋藤 元伸:1、佐藤 孝洋:1、菊池 智宏:1、岡山 洋和:1、遠藤 久仁:1、藤田 正太郎:1、坂本 渉:1、佐瀬 善一郎:1、門馬 智之:1、大木 進司:1、河野 浩二:1

1:福島県立医科大学・消化管外科

消化器癌におけるANXA1と他の癌関連遺伝子との関連

胃癌におけるPD-L1/PD-L2の発現機構と抗PD-1抗体適応症例の検討

演題番号 : P75-7

演者)三村 耕作:1,2,3、中山 裕子:1、遠藤 英成:1、氏家 大輔:1、楡井 東:1、青砥 慶太:1、多田 武志:1、渡辺 洋平:1、花山 寛之:1、権田 憲士:1、門馬 智之:1、佐瀬 善一郎:1、大木 進司:1、柴田 昌彦:1,2、河野 浩二:1

1:福島県立医科大学・消化管外科、2:福島県立医科大学・先端癌免疫治療研究講座、3:福島県立医科大学・プログレッシブDOHaD研究講座

胃癌におけるPD-L1/PD-L2の発現機構と抗PD-1抗体適応症例の検討

iPS細胞由来樹状細胞を用いたテーラーメード癌ワクチン療法

演題番号 : P75-8

演者)尾島 敏康:1、北谷 純也:1、岩本 博光:1、田端 宏尭:1、出口 真彰:1、中森 幹人:1、中村 公紀:1、勝田 将裕:1、早田 啓治:1、丸岡 慎平:1、山上 裕機:1

1:和歌山県立医科大学・第2外科

iPS細胞由来樹状細胞を用いたテーラーメード癌ワクチン療法