セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター58
緩和医療:支持療法-4
開催回
第56回・2018年・横浜

胃がん周術期における管理栄養士の介入効果についての検討

演題番号 : P58-1

演者)中井 美加:1、松田 昌美:1、岡村 裕輔:2、中右 雅之:2、池田 房夫:2、沖野 孝:2

1:公立甲賀病院・栄養管理課、2:公立甲賀病院・外科

胃がん周術期における管理栄養士の介入効果についての検討

胃切除術を受けた患者の一年間の食生活についての調査

演題番号 : P58-2

演者)井上 奈々:1、平島 智徳:2

1:大阪府立大学・療養支援看護学、2:大阪はびきの医療センター

胃切除術を受けた患者の一年間の食生活についての調査

直腸癌術後・多発骨転移患者の疼痛コントロールに成功した1症例

演題番号 : P58-3

演者)梅木 裕介:1、篠原 清美:1、宗像 利通:1、寺岡 義布史:2

1:ヒロシマ平松病院・薬剤部、2:ヒロシマ平松病院・外科

直腸癌術後・多発骨転移患者の疼痛コントロールに成功した1症例

オピオイドによる難治性嘔気・嘔吐に対するオランザピンの検証

演題番号 : P58-4

演者)辻 俊輔:1、中村 俊之:1、船水 勇佑:1、井田 航:1、荒木 弥生:2、中安 千佳子:2、高橋 玲子:2、矢和田 敦:3、西本 武史:4、仙石 早苗:4

1:函館五稜郭病院・薬剤科、2:函館五稜郭病院・看護部、3:函館五稜郭病院・消化器内科、4:函館五稜郭病院・緩和ケア科

オピオイドによる難治性嘔気・嘔吐に対するオランザピンの検証

当院における医療用麻薬消費量の変化~消費量は緩和ケアの評価に適当か?~

演題番号 : P58-5

演者)山本 直子:1、山口 浩一:2、大谷 眞二:3

1:日野病院・薬剤管理室、2:日野病院・地域連携推進室、3:鳥取大学・国際乾燥地研究教育機構

当院における医療用麻薬消費量の変化~消費量は緩和ケアの評価に適当か?~

がん終末期患者の療養の場・看取りの場からみた緩和医療の現状

演題番号 : P58-6

演者)平山 司樹:1、小栗 啓義:2、山口 龍彦:2

1:高知厚生病院・訪問看護ステーションこうせい、2:高知厚生病院・緩和ケア科

がん終末期患者の療養の場・看取りの場からみた緩和医療の現状

地方の緩和医療を担う有床診療所の役割~看護の立場から~

演題番号 : P58-7

演者)高森 豊子:1、中村 光成:1、古賀 智樹:1、石井 南美穂:1、片野 光男:2

1:西原クリニック、2:福岡女学院看護大学

地方の緩和医療を担う有床診療所の役割~看護の立場から~