セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター54
薬物療法への取り組み-2
開催回
第56回・2018年・横浜

高用量シスプラチン療法時の腎障害予防に与えるマグネシウム製剤の用量の比較

演題番号 : P54-1

演者)新田 美奈:1、榎木 裕紀:1,2、高崎 紘佑:3、寺薗 英之:1,4、大堀 純一郎:5、前田 弘志:3、東 和博:3、福岡 龍一:3、花牟禮 豊:6、黒野 祐一:5、武田 泰生:1,4

1:鹿児島大学附属病院・薬剤部、2:慶應義塾大学・薬効解析学、3:鹿児島市立病院・薬剤部、4:鹿児島大学・薬物動態制御、5:鹿児島大学・耳鼻咽喉科・頭頸部外科、6:鹿児島市立病院・耳鼻咽喉科

高用量シスプラチン療法時の腎障害予防に与えるマグネシウム製剤の用量の比較

SH法によるCDDP投与ではD-マンニトール,フロセミド併用は腎障害予防に必要か?

演題番号 : P54-2

演者)関根 宏美:1、金城 妙子:1、中村 仁美:1、本多 理恵:1、櫻井 麗子:2、砂長 則明:3、塚本 憲史:2

1:群馬大学附属病院・外来化学療法センター、2:群馬大学附属病院・腫瘍センター、3:群馬大学附属病院・呼吸器・アレルギー内科

SH法によるCDDP投与ではD-マンニトール,フロセミド併用は腎障害予防に必要か?

血管新生阻害薬におけるUPC比測定の有用性についての検討

演題番号 : P54-3

演者)川中 明宏:1、渡邊 太朗:1、名和田 幸介:1、今井 佳美:2、村田 佳子:3、白野 陽正:1、須藤 隆一郎:4

1:山口県立総合医療センター・薬剤部、2:山口県立総合医療センター・中央検査部、3:山口県立総合医療センター・看護部、4:山口県立総合医療センター・外科

血管新生阻害薬におけるUPC比測定の有用性についての検討

血管新生阻害剤による尿蛋白に関する検討

演題番号 : P54-4

演者)鈴木 大介:1、大山 英明:1、富田 啓介:4、河口 義典:1、杉浦 恭子:2、安藤 博笑:2、渡邉 和代:2、近藤 光男:1、鈴木 祐一:3

1:岡崎市民病院・薬局、2:岡崎市民病院・看護局、3:岡崎市民病院・外科、4:愛知学院大学・薬学部

血管新生阻害剤による尿蛋白に関する検討

L-OHPを含む化学療法におけるpalonosetron+Aprepitant+Dexamethasone制吐療法の効果

演題番号 : P54-5

演者)木本 真司:1、河原 史明:1、安齊 泰裕:1、香内 綾:1、塩川 秀樹:1、渡部 寿康:2、齊藤 直美:3、石田 優子:4

1:竹田綜合病院・薬剤科、2:福島赤十字病院・薬剤部、3:公立藤田総合病院・薬剤部、4:白河厚生総合病院・薬剤科

L-OHPを含む化学療法におけるpalonosetron+Aprepitant+Dexamethasone制吐療法の効果

当院外来がん化学療法におけるアプレピタントの使用状況

演題番号 : P54-6

演者)草谷 朋子:1、渡邉 浩人:1、藤森 浩美:1、川上 恭弘:1

1:岡山済生会総合病院・薬剤科

当院外来がん化学療法におけるアプレピタントの使用状況

山口県下での制吐療法の実態調査

演題番号 : P54-7

演者)宮川 貴行:1,9、亀井 治人:2,9、久我 貴之:3,9、川中 明宏:4,9、上本 かおり:5,9、久山 彰一:6,9、佐々木 秀法:7,9、吉野 茂文:8,9

1:山口宇部医療センター・薬剤部、2:山口宇部医療センター・呼吸器内科、3:長門総合病院・外科、4:山口県立総合医療センター・薬剤部、5:周東総合病院・看護部、6:岩国医療センター・呼吸器内科、7:福岡大学病院・腫瘍・血液・感染症内科、8:山口大学附属病院・腫瘍センター、9:山口外来化学療法研究会

山口県下での制吐療法の実態調査