セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター45
去勢抵抗性前立腺癌-3
開催回
第56回・2018年・横浜

前立腺癌の神経内分泌変性に対する化学療法(CDDP + VP-16)の臨床的検討

演題番号 : P45-1

演者)北村 香介:1、金山 麻裕子:1、野間 康央:1、家田 健史:1、知名 俊幸:1、永田 政義:1、磯谷 周治:1、和久本 芳彰:1、武藤 智:1、堀江 重郎:1

1:順天堂大学・泌尿器科

前立腺癌の神経内分泌変性に対する化学療法(CDDP + VP-16)の臨床的検討

実臨床におけるカバジタキセル療法

演題番号 : P45-2

演者)野澤 昌弘:1,13、赤松 秀輔:2,13、木下 秀文:3,13、西村 和郎:4,13、稲元 輝生:5,13、鞍作 克之:6,13、日向 信之:7,13、影山 進:8,13、今村 亮一:9,13、柑本 康夫:10,13、本郷 文弥:11,13、田中 宣道:12,13

1:近畿大学・泌尿器科、2:京都大学、3:関西医科大学、4:大阪国際がんセンター、5:大阪医科大学、6:大阪市立大学、7:神戸大学、8:滋賀医科大学、9:大阪大学、10:和歌山県立医科大学、11:京都府立医科大学、12:奈良県立医科大学、13:大阪腎泌尿器疾患研究財団

実臨床におけるカバジタキセル療法

去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル長期使用の検討

演題番号 : P45-3

演者)田中 政俊:1、木村 高弘:1、伊藤 景紀:1、下村 達也:1、三木 健太:1、頴川 晋:1

1:東京慈恵会医科大学・泌尿器科

去勢抵抗性前立腺癌に対するドセタキセル長期使用の検討

前立腺癌におけるKIFC1のドセタキセル耐性機構への関与およびKIFC1阻害薬の可能性

演題番号 : P45-4

演者)関野 陽平:1,2、小池 優毅:1、重松 慶紀:1,2、坂本 直也:1、仙谷 和弘:1、大上 直秀:1、塩田 真己:3、亭島 淳:2、松原 昭郎:2、安井 弥:1

1:広島大学・分子病理学、2:広島大学・腎泌尿器科、3:九州大学・腎泌尿器科

前立腺癌におけるKIFC1のドセタキセル耐性機構への関与およびKIFC1阻害薬の可能性

DNA複製ストレスを利用した前立腺がん合成致死のPrecision Medicineへの応用

演題番号 : P45-5

演者)小村 和正:1,5、日野原 邦彦:2、島村 徹平:3、伊夫貴 直和:1、谷口 高平:5,6、Christopher Sweeney:2、稲元 輝生:1、Philip Kantoff:4、東 治人:1

1:大阪医科大学・泌尿器科、2:Department of Medical Oncology, Dana-Farber Cancer Institute, USA、3:名古屋大学、4:Department of Medicine, Memorial Sloan Kettering Cancer Centerm, USA、5:大阪医科大学・トランスレーショナルリサーチ部門、6:大阪医科大学・一般・消化器外科

DNA複製ストレスを利用した前立腺がん合成致死のPrecision Medicineへの応用

前立腺癌におけるYAPの発現と役割

演題番号 : P45-6

演者)清水 宏輔:1、松本 洋明:1、佐本 征弘:1、森 純一:1、藤井 央法:1,2、川井 禎久:1,3、井上 亮:1、山本 義明:1、平田 寛:1,4、島袋 智之:1,5、松山 豪泰:1

1:山口大学・泌尿器科、2:徳山中央病院・泌尿器科、3:かわい泌尿器科クリニック、4:宇部記念病院・泌尿器科、5:宇部興産中央病院・泌尿器科

前立腺癌におけるYAPの発現と役割

去勢抵抗性前立腺癌における血漿遊離DNA中のアンドロゲン受容体遺伝子異常の検討

演題番号 : P45-7

演者)住吉 崇幸:1、赤松 秀輔:1、山崎 俊成:1、水野 桂:1,4、後藤 崇之:1、小林 恭:1、寺田 直樹:2、井上 貴博:1、神波 大己:3、藤本 明洋:4、小川 修:1

1:京都大学・泌尿器科、2:宮崎大学・泌尿器科、3:熊本大学・泌尿器科、4:京都大学・創薬医学

去勢抵抗性前立腺癌における血漿遊離DNA中のアンドロゲン受容体遺伝子異常の検討

SFXはRNAのスプライシングを変え、前立腺癌を進展させる。

演題番号 : P45-8

演者)川村 憲彦:1、二村 圭祐:2、佐賀 公太郎:2、田中 亮:1、深江 彰太:1、吉永 光宏:1、中川 勝弘:1、蔦原 宏一:1、谷川 剛:1、高尾 徹也:1、山口 誓司:1、金田 安史:2、野々村 祝夫:3

1:大阪急性期・総合医療センター・泌尿器科、2:大阪大学・遺伝子治療学、3:大阪大学・泌尿器科

SFXはRNAのスプライシングを変え、前立腺癌を進展させる。