セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター34
腎臓癌:総合
開催回
第56回・2018年・横浜

SOD2高発現は腎癌予後不良因子である

演題番号 : P34-1

演者)吉田 哲也:1、影山 進:1、礒野 高敬:2、湯浅 健:3、九嶋 亮治:4、河内 明宏:1、茶野 徳宏:4

1:滋賀医科大学・泌尿器科、2:滋賀医科大学・実験実習支援センター、3:がん研究会有明病院・泌尿器科、4:滋賀医科大学・臨床検査医学

SOD2高発現は腎癌予後不良因子である

Difference in expression of receptor tyrosine kinases on peripheral blood mononuclear cells (PBMC) between patients with renal cell carcinoma and healthy donors

演題番号 : P34-2

演者)Ilya Tsimafeyeu:1、Maria Volkova:2、Grigory Raskin:3、Anna Olshanskaia:2、Saida Aschuba:2、Yulia Khochenkova:2、Anastasia Bondarenko:4、Dmitry Khochenkov:2

1:Kidney Cancer Research Bureau, Russia、2:N.N. Blokhin Russian Cancer Research Center, Russia、3:A.M. Granov Russian Scientific Centre of Radiology and Surgical Technologies, Russia、4:I.M. Sechenov First Moscow State Medical University, Russia

Difference in expression of receptor tyrosine kinases on peripheral blood mononuclear cells (PBMC) between patients with renal cell carcinoma and healthy donors

多相造影CTにおける腎細胞癌造影効果の定量化

演題番号 : P34-3

演者)佐藤 元孝:1、藤本 幸太:1、木枕 舞:1、上戸 賢:1、中山 治郎:1、三宅 修:1

1:市立豊中病院・泌尿器科

多相造影CTにおける腎細胞癌造影効果の定量化

腎細胞癌の転移診断におけるPET/CTの有用性について

演題番号 : P34-4

演者)那須 良次:1、田中 大介:1

1:岡山労災病院

腎細胞癌の転移診断におけるPET/CTの有用性について

分子標的薬登場以降の下大静脈腫瘍塞栓を伴う腎細胞癌症例の治療成績

演題番号 : P34-5

演者)今村 有佑:1、山本 賢志:1、佐塚 智和:1、仲村 和芳:1、坂本 信一:1、川村 幸治:1、今本 敬:1、小宮 顕:1、市川 智彦:1

1:千葉大学・泌尿器科

分子標的薬登場以降の下大静脈腫瘍塞栓を伴う腎細胞癌症例の治療成績

九州がんセンターにおける腎癌骨転移症例に対する治療法についての検討

演題番号 : P34-6

演者)根岸 孝仁:1、古林 伸紀:1、高松 大:1、廣瀬 大祐:1、中村 元信:1

1:九州がんセンター・泌尿器科

九州がんセンターにおける腎癌骨転移症例に対する治療法についての検討

肺転移を伴うWilms腫瘍に全肺照射を併用せず高用量化学療法を施行した一例

演題番号 : P34-7

演者)寺西 悠:1、浅沼 宏:1、嶋 晴子:2、田中 伸之:1、武田 利和:1、松本 一宏:1、森田 伸也:1、小坂 威雄:1、水野 隆一:1、篠島 利明:1、菊地 栄次:1、大家 基嗣:1

1:慶應義塾大学・泌尿器科、2:慶應義塾大学・小児科

肺転移を伴うWilms腫瘍に全肺照射を併用せず高用量化学療法を施行した一例