セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター14
大腸癌:疫学・病理・診断
開催回
第56回・2018年・横浜

血清中の元素含有量を用いた新たながんスクリーニング法の開発に関する研究

演題番号 : P14-1

演者)三上 春夫:1、宮城 洋平:2、中村 洋子:1、永瀬 浩喜:1

1:千葉県がんセンター・研究所、2:神奈川県立がんセンター臨床研究所

血清中の元素含有量を用いた新たながんスクリーニング法の開発に関する研究

当院における大腸癌StageⅠ-Ⅲの予後とBody mass index(BMI)の関連についての検討

演題番号 : P14-2

演者)辻村 直人:1、畑 泰司:1、三吉 範克:1、高橋 秀和:1、原口 直紹:1、松田 宙:1、水島 恒和:1、山本 浩文:1、土岐 祐一郎:1、森 正樹:1

1:大阪大学・消化器外科

当院における大腸癌StageⅠ-Ⅲの予後とBody mass index(BMI)の関連についての検討

Incidence and survival changes by decades of patients with primary colorectal lymphoma: A SEER analysis

演題番号 : P14-3

演者)Qingguo Li:1,2、Sanjun Cai:1,2、Xinxiang Li:1,2

1:Department of Colorectal Surgery, Fudan University Shanghai Cancer Center, China、2:Department of Oncology, Shanghai Medical College, Fudan University, China

Incidence and survival changes by decades of patients with primary colorectal lymphoma: A SEER analysis

Predictive factors of synchronous colorectal peritoneal metastases: development of a nomogram and study of its utilities using decision curve analysis

演題番号 : P14-4

演者)Shaobo Mo:1,2、Weixing Dai:1,2、Guoxiang Cai:1,2

1:Department of Colorectal Surgery, Fudan University Shanghai Cancer Center、2:Department of Oncology, Shanghai Medical College, Fudan University, China

Predictive factors of synchronous colorectal peritoneal metastases: development of a nomogram and study of its utilities using decision curve analysis

T3以深大腸癌浸潤先進部における簇出、低分化胞巣の悪性度所見としての意義

演題番号 : P14-5

演者)吉松 和彦:1、佐野 恵美:1,2、伊藤 嘉智:1、今泉 理枝:1、小池 太郎:1、佐竹 昌也:2、山田 泰史:2、岡山 幸代:2、横溝 肇:2、塩沢 俊一:2、島川 武:2、勝部 隆男:2、成高 義彦:2

1:済生会栗橋病院・外科、2:東京女子医科大学東医療センター・外科

T3以深大腸癌浸潤先進部における簇出、低分化胞巣の悪性度所見としての意義

同時性腹膜転移を有する大腸癌切除症例―病理組織学的所見から予後を層別化する―

演題番号 : P14-6

演者)小森 康司:1、木下 敬史:1、大城 泰平:1、大内 晶:1、伊藤 誠二:1、安部 哲也:1、千田 嘉毅:1、三澤 一成:1、伊藤 友一:1、植村 則久:1、夏目 誠治:1、檜垣 栄治:1、清水 泰博:1

1:愛知県がんセンター中央病院・消化器外科

同時性腹膜転移を有する大腸癌切除症例―病理組織学的所見から予後を層別化する―