セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター116
抗癌剤曝露の実状と対策
開催回
第56回・2018年・横浜

当院における暴露状況と対策

演題番号 : P116-1

演者)吉川 三保子:1

1:敦賀医療センター・薬剤部

当院における暴露状況と対策

抗がん剤曝露対策の取り組みと曝露調査

演題番号 : P116-2

演者)高木 彰子:1、小澤 知博:1、横山 奈美子:2

1:汐田総合病院・薬剤部、2:汐田総合病院・看護部

抗がん剤曝露対策の取り組みと曝露調査

陰圧アイソレーター環境下におけるシクロホスファミド水和物調製時の曝露調査

演題番号 : P116-3

演者)坂田 幸雄:1、村永 諒:1、外山 裕晃:1、中嶋 紘文:1、有賀 久晃:1

1:市立函館病院・薬局

陰圧アイソレーター環境下におけるシクロホスファミド水和物調製時の曝露調査

抜針時の抗がん薬曝露対策

演題番号 : P116-4

演者)濱田 麻美子:1、吉田 哲也:2、平畠 正樹:3、稲岡 佳子:1、田中 年恵:1、辻 晃仁:4

1:神戸市立医療センター中央市民病院・看護部、2:神戸市立医療センター中央市民病院・臨床工学技術部、3:神戸市立医療センター中央市民病院・薬剤部、4:香川大学附属病院・腫瘍内科

抜針時の抗がん薬曝露対策

がん診療連携拠点病院において抗がん薬取り扱い時に看護師が使用する個人防護具の調査

演題番号 : P116-5

演者)中井 真由美:1、小島 勇貴:2、栗原 幸司:3、室 圭:4、坂 英雄:5

1:名古屋医療センター・看護部、2:国立がん研究センター中央病院・乳腺・腫瘍内科、3:愛知県がんセンター中央病院・薬剤部、4:愛知県がんセンター中央病院・薬物療法部、5:名古屋医療センター・臨床腫瘍科

がん診療連携拠点病院において抗がん薬取り扱い時に看護師が使用する個人防護具の調査

抗がん剤曝露の実態調査に基づく当院の現状と課題

演題番号 : P116-6

演者)藤田 高子:1、矢野 琢也:2、小林 一泰:1、松本 大輝:2、伊藤 かおり:1、中川 三和:1

1:住友別子病院・がんセンター、2:住友別子病院・薬剤部

抗がん剤曝露の実態調査に基づく当院の現状と課題

がん薬物療法における曝露対策への取り組み ~閉鎖式接続器具の導入~

演題番号 : P116-7

演者)住田 真弓:1、國井 みすず:1、渡 明美:1、田邑 泰子:1、部川 玲子:1

1:日本赤十字社北見赤十字病院・看護部

がん薬物療法における曝露対策への取り組み    ~閉鎖式接続器具の導入~

手術室におけるTURBT後の抗がん剤即時注入時の実態と曝露対策への取り組み

演題番号 : P116-8

演者)宮島 玲子:1、上島 聖秀:2、細江 律子:2、石浦 嘉之:3、新倉 晋:3

1:富山労災病院・看護部、2:富山労災病院・薬剤部、3:富山労災病院・泌尿器科

手術室におけるTURBT後の抗がん剤即時注入時の実態と曝露対策への取り組み