セッション情報

ポスター

第56回・2018年・横浜
ポスター
ポスター115
薬物療法への取り組み-4
開催回
第56回・2018年・横浜

カペシタビン単独療法のHFSに対する継続的看護の有用性について

演題番号 : P115-1

演者)村田 美佳:1、武藤 由美:1、高野 祥直:1、景山 亮平:1

1:総合南東北病院・看護部

カペシタビン単独療法のHFSに対する継続的看護の有用性について

ブレオマイシンによる強皮症がステロイド外用剤によって局所悪化した1例

演題番号 : P115-2

演者)中村 久美:1、中村 将人:1、伊藤 隆哉:1

1:相澤病院・がん集学治療センター

ブレオマイシンによる強皮症がステロイド外用剤によって局所悪化した1例

ヒドロコルチゾン前投薬を実施したデガレリクス初回投与患者の注射部位反応

演題番号 : P115-3

演者)横山 正人:1、朝日 恵美:2、原 有里:2、坪井 光保子:2、吉永 麻里江:2、小野塚 広美:2、山内 睦美:2、山中 義裕:1

1:静岡済生会総合病院・薬剤科、2:静岡済生会総合病院・看護部

ヒドロコルチゾン前投薬を実施したデガレリクス初回投与患者の注射部位反応

血液疾患治療中にAMPH-B Sy.によるスティーブンス・ジョンソン症候群を発症した一例

演題番号 : P115-4

演者)島戸 茜:1、伊藤 佳織:1、今井 美沙:1、柘植 雅大:1、徳田 倍将:2、沼田 茂樹:3、牧原 俊康:1、加藤 さや香:1、山田 成樹:1

1:藤田保健衛生大学病院・薬剤部、2:藤田保健衛生大学病院・血液内科、3:藤田保健衛生大学病院・皮膚科

血液疾患治療中にAMPH-B Sy.によるスティーブンス・ジョンソン症候群を発症した一例

がん化学療法中の患者における味覚変化の現状と課題

演題番号 : P115-5

演者)鶴見 里佐:1、藤岡 亮司:1

1:富良野病院・薬剤科

がん化学療法中の患者における味覚変化の現状と課題

抗がん剤による薬剤性心筋症治療に対する心不全センターの取り組み

演題番号 : P115-6

演者)櫻下 弘志:1、佐伯 康之:1、石井 聡一郎:1、中 麻規子:2、中山 奨:2、木原 康樹:3、松尾 裕彰:1

1:広島大学病院・薬剤部、2:広島大学病院・心不全センター、3:広島大学病院・循環器内科

抗がん剤による薬剤性心筋症治療に対する心不全センターの取り組み

抗がん薬曝露対策に関する看護師教育~病棟看護師との連携~

演題番号 : P115-7

演者)高橋 美知枝:1

1:函館五稜郭病院・看護部

抗がん薬曝露対策に関する看護師教育~病棟看護師との連携~