セッション情報

一般口演

第56回・2018年・横浜
一般口演
一般口演58
胃癌:バイオマーカー-1
開催回
第56回・2018年・横浜

CEA陽性血中循環腫瘍細胞(CTC)同定法の臨床的意義

演題番号 : O58-1

演者)黒田 顕慈:1,2、八代 正和:1,2、三木 友一朗:1,2、栂野 真吾:1,2、奥野 倫久:1,2、豊川 貴弘:1、田中 浩明:1、六車 一哉:1、平川 弘聖:1、大平 雅一:1

1:大阪市立大学・腫瘍外科、2:大阪市立大学・癌分子病態制御学

CEA陽性血中循環腫瘍細胞(CTC)同定法の臨床的意義

胃癌や膵癌治癒手術後の再発バイオマーカーとしての腹腔内リキッドバイオプシー

演題番号 : O58-2

演者)村田 聡:1,2、竹林 克士:2、山口 剛:2、貝田 佐知子:2、児玉 泰一:2,3、赤堀 浩也:2,4、飯田 洋也:2、前平 博充:2、森 治樹:2、三宅 亨:2、園田 寛道:2、北村 直美:2、谷 総一郎:2、清水 智治:2、谷 眞至:2

1:滋賀医科大学・腫瘍センター、2:滋賀医科大学・外科、3:日野記念病院・外科、4:東近江総合医療センター・外科

胃癌や膵癌治癒手術後の再発バイオマーカーとしての腹腔内リキッドバイオプシー

導入化学療法後の腹腔洗浄細胞診における免疫染色併用の有用性について

演題番号 : O58-3

演者)會澤 雅樹:1、番場 竹生:1、野上 仁:1、松木 淳:1、丸山 聡:1、野村 達也:1、中川 悟:1、瀧井 康公:1、藪崎 裕:1

1:新潟県立がんセンター新潟病院・消化器外科

導入化学療法後の腹腔洗浄細胞診における免疫染色併用の有用性について

胃癌手術におけるCY判定における細胞培養の有用性に関する検討

演題番号 : O58-4

演者)竹林 克士:1、村田 聡:1、貝田 佐知子:1、山口 剛:1、清水 智治:1、園田 寛道:1、三宅 亨:1、植木 智之:1、飯田 洋也:1、北村 直美:1、前平 博充:1、谷 眞至:1

1:滋賀医科大学・外科

胃癌手術におけるCY判定における細胞培養の有用性に関する検討

演題取り下げ

演題番号 : O58-5

演題取り下げ

トラスツズマブ不応HER2陽性進行・再発胃癌におけるHER2 status 再評価 (KSCC1604)

演題番号 : O58-6

演者)有上 貴明:1、佐伯 浩司:2、柏田 知美:3、牧山 明資:4、岩槻 政晃:5、成田 有季哉:6、佐竹 悠良:7、松田 佳子:8、園田 英人:9、下川 元継:10、沖 英次:2、前原 喜彦:11

1:鹿児島大学・消化器・乳腺甲状腺外科、2:九州大学病院・消化器・総合外科、3:佐賀大学附属病院・血液・呼吸器・腫瘍内科、4:九州病院・血液・腫瘍内科、5:熊本大学附属病院・消化器外科、6:愛知県がんセンター・臨床腫瘍内科、7:神戸市立医療センター中央市民病院・腫瘍内科、8:神戸大学附属病院・食道胃腸外科、9:伊万里有田共立病院・外科、10:九州がんセンター・腫瘍情報研究部、11:九州中央病院

トラスツズマブ不応HER2陽性進行・再発胃癌におけるHER2 status 再評価 (KSCC1604)