セッション情報

一般口演

第56回・2018年・横浜
一般口演
一般口演50
QOL:患者支援
開催回
第56回・2018年・横浜

笑いとがん患者のQOL―継続的介入の効果を示した無作為化比較試験―

演題番号 : O50-1

演者)森島 敏隆:1、北坂 美津子:2、井上 徳光:3、赤澤 隆:3、髭野 明美:4、井戸田 篤:4、佐藤 亮:1、宮代 勲:1、左近 賢人:5

1:大阪国際がんセンター・がん対策センター、2:大阪国際がんセンター・看護部、3:大阪国際がんセンター・研究所・腫瘍免疫学部門、4:大阪国際がんセンター・臨床検査科、5:大阪国際がんセンター

笑いとがん患者のQOL―継続的介入の効果を示した無作為化比較試験―

外来化学療法を受けているがん患者の就労形態別の気がかりとストレスコーピング

演題番号 : O50-2

演者)塚 久美子:1、岩脇 陽子:1、滝下 幸栄:1、越智 幾世:1、河野 留美:2、金沢 元洪:3、石川 剛:4、田口 哲也:4、山中 龍也:1

1:京都府立医科大学・保健看護学、2:京都府立医科大学附属病院・看護部外来化学療法センター、3:京都府立医科大学・泌尿器外科、4:京都府立医科大学病院・化学療法部

外来化学療法を受けているがん患者の就労形態別の気がかりとストレスコーピング

がん患者におけるリハビリテーション実施率に影響を与えうる因子の検討

演題番号 : O50-3

演者)阿部 真佐美:1、中山 紀子:2、川浪 志乃:2、千葉 里美:2、音川 史矢:2、岩崎 ひかる:2、佐藤 義文:3、青山 誠:2

1:札幌医科大学附属病院・リハビリテーション部、2:手稲渓仁会病院、3:札幌渓仁会リハビリテーション病院

がん患者におけるリハビリテーション実施率に影響を与えうる因子の検討

前立腺全摘除術後患者の積極的な外出と関連要因

演題番号 : O50-4

演者)川口 寛介:1、川添 久:2、櫻井 俊彦:2、西田 隼人:2、内藤 整:2、加藤 智幸:2、土谷 順彦:2、佐藤 和佳子:1

1:山形大学・看護学、2:山形大学・腎泌尿器外科

前立腺全摘除術後患者の積極的な外出と関連要因

婦人科がん術後における下肢筋力の経時的変化と身体機能、社会参加、QOLに関する調査

演題番号 : O50-5

演者)中山 紀子:1、川浪 志乃:1、阿部 真佐美:3、宮下 啓太:1、千葉 里美:1、河田 明莉:1、有泉 花子:1、佐藤 義文:2、青山 誠:1、藤野 敬史:4

1:渓仁会手稲渓仁会病院・リハビリテーション部、2:札幌渓仁会リハビリテーション病院・リハビリテーション部、3:札幌医科大学付属病院・リハビリテーション部、4:手稲渓仁会病院・婦人科

婦人科がん術後における下肢筋力の経時的変化と身体機能、社会参加、QOLに関する調査

膵切除患者の術後3ヶ月における倦怠感に影響する要因の検討

演題番号 : O50-6

演者)南 理央:1、佐藤 菜保子:2、元井 冬彦:3、佐藤 冨美子:2、海野 倫明:3

1:東北大学病院・看護部、2:東北大学・がん看護学、3:東北大学・消化器外科

膵切除患者の術後3ヶ月における倦怠感に影響する要因の検討