セッション情報

一般口演

第56回・2018年・横浜
一般口演
一般口演49
チーム医療:地域連携
開催回
第56回・2018年・横浜

多職種合同面談による切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの服用期間への影響

演題番号 : O49-1

演者)杉浦 央:1、斎藤 由起子:1、蒲原 香奈子:2、安部 智之:3、仙丸 直人:4

1:製鉄記念室蘭病院・薬剤部、2:製鉄記念室蘭病院・看護部、3:製鉄記念室蘭病院・消化器内科、4:製鉄記念室蘭病院・外科

多職種合同面談による切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの服用期間への影響

放射性医薬品塩化ラジウム(233Ra)の適正使用にかかわる薬剤師の取り組み

演題番号 : O49-2

演者)鈴木 敦詞:1、前田 剛司:1、鈴木 大吾:1、松沼 寛:2、春日井 震:2、福原 信之:2

1:春日井市民病院・薬剤部、2:春日井市民病院・泌尿器科

放射性医薬品塩化ラジウム(<SUP>233</SUP>Ra)の適正使用にかかわる薬剤師の取り組み

がん化学療法の副作用に関連した生活の質に対する薬剤師カウンセリングの効果

演題番号 : O49-3

演者)田中 和秀:1,2、寺町 ひとみ:2、堀 晃代:1、舘 知也:1,2、大澤 友裕:1、長屋 雄大:1、牧野 哲平:1、井上 誠二:1、安田 昌宏:1、水井 貴詞:1、中田 琢巳:3、後藤 千寿:1

1:岐阜市民病院・薬剤部、2:岐阜薬科大学病院・薬学、3:岐阜市民病院・乳腺外科

がん化学療法の副作用に関連した生活の質に対する薬剤師カウンセリングの効果

石綿健康被害救済制度周知方法等の検討-石綿健康被害救済制度の認知状況調査より-

演題番号 : O49-4

演者)新野 真理子:1、富塚 太郎:2、東 尚弘:1,2

1:国立がん研究センター・がん対策情報センター・がん登録センター、2:国立がん研究センター・がん対策情報センター・がん臨床情報部

石綿健康被害救済制度周知方法等の検討-石綿健康被害救済制度の認知状況調査より-

公共図書館を通じたがん情報の普及に関する研究

演題番号 : O49-5

演者)井上 洋士:1、八巻 知香子:1、高山 智子:1、若尾 文彦:2

1:国立がん研究センター・がん対策情報センター・がん情報提供部、2:国立がん研究センター・がん対策情報センター

公共図書館を通じたがん情報の普及に関する研究