セッション情報

一般口演

第56回・2018年・横浜
一般口演
一般口演43
前立腺癌:治療-1
開催回
第56回・2018年・横浜

去勢抵抗性前立腺がんに対する20種混合ペプチドワクチンの有効性の検討

演題番号 : O43-1

演者)野口 正典:1、新井 学:2、頴川 晋:3、大山 力:4、内藤 誠二:5、松本 和将:6、植村 天受:7、中川 昌之:8、那須 保友:9、江藤 正俊:10、末金 茂高:11、笹田 哲朗:12、山田 亮:13、角間 辰之:14、伊東 恭悟:1

1:久留米大学・がんワクチンセンター、2:獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科、3:東京慈恵会医科大学・泌尿器科、4:弘前大学・泌尿器科、5:原三信病院、6:北里大学・泌尿器科、7:近畿大学・泌尿器科、8:鹿児島大学・泌尿器科、9:岡山大学・泌尿器科、10:九州大学・泌尿器科、11:久留米大学・泌尿器科、12:神奈川県立がんセンター、13:久留米大学・先端癌治療研究センター・がんワクチン、14:久留米大学・バイオ統計センター

去勢抵抗性前立腺がんに対する20種混合ペプチドワクチンの有効性の検討

赤血球容積分布幅は去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの治療効果を予測する

演題番号 : O43-2

演者)福岡屋 航:1、木村 高弘:1、岩谷 洸介:1、森 啓一郎:1、本田 真理子:1、稲葉 裕之:1、佐々木 裕:1、三木 健太:1、頴川 晋:1

1:東京慈恵会医科大学・泌尿器科

赤血球容積分布幅は去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの治療効果を予測する

CRPC患者に対するエンザルタミドの有効性の検討、IDC-Pと予後との関連

演題番号 : O43-3

演者)川西 秀治:1、山本 晃之:2、弓場 拓真:3、石川 智啓:4、服部 恭介:5、鈴木 晶貴:6、錦見 俊徳:5、加藤 真史:7、服部 良平:1、都築 豊徳:8

1:名古屋第一赤十字病院・泌尿器科、2:豊橋市民病院・泌尿器科、3:刈谷豊田総合病院・泌尿器科、4:中京病院・泌尿器科、5:名古屋第二赤十字病院・泌尿器科、6:名古屋医療センター・泌尿器科、7:名古屋大学・泌尿器科、8:愛知医科大学病院・病理診断科

CRPC患者に対するエンザルタミドの有効性の検討、IDC-Pと予後との関連

投与前テストステロン値により、前立腺がんでのエンザルタミド治療効果が予測できる

演題番号 : O43-4

演者)曽我 倫久人:1、景山 拓海:2、古澤 淳:1、小倉 友二:1

1:愛知県がんセンター中央病院・泌尿器科、2:三重大学・泌尿器科

投与前テストステロン値により、前立腺がんでのエンザルタミド治療効果が予測できる

前立腺癌における神経内分泌化とEverolimusを用いた治療に関する検討

演題番号 : O43-5

演者)下村 達也:1、倉内 崇至:1、阪中 啓吾:1、鈴木 英訓:1、後藤 博一:1、頴川 晋:1

1:東京慈恵会医科大学・泌尿器科

前立腺癌における神経内分泌化とEverolimusを用いた治療に関する検討

再発・進行期前立腺癌に対するWT1ペプチドパルス樹状細胞を用いた免疫療法

演題番号 : O43-6

演者)小笠原 正浩:1、太田 秀一:1

1:北楡会札幌北楡病院・内科

再発・進行期前立腺癌に対するWT1ペプチドパルス樹状細胞を用いた免疫療法