セッション情報

一般口演

第56回・2018年・横浜
一般口演
一般口演3
大腸癌:薬物療法-1
開催回
第56回・2018年・横浜

RAS野生型進行再発大腸癌における抗EGFR抗体の治療効果における、NLR動態からの検討

演題番号 : O3-1

演者)間中 大:1、西躰 隆太:1、小西 小百合:1、濱洲 晋哉:1、池田 有紀:1、大田 多加乃:1、西川 泰代:1、工藤 亮:1、川口 清隆:1、安 英男:1

1:京都桂病院・消化器センター・外科

RAS野生型進行再発大腸癌における抗EGFR抗体の治療効果における、NLR動態からの検討

転移性大腸癌患者を対象としたRegorafenib 120mg/day療法の有効性及び安全性の検討

演題番号 : O3-2

演者)能浦 真吾:1,2、工藤 敏啓:3、加藤 健志:4、玉川 浩司:5、井出 義人:6、岡野 美穂:7、坂井 大介:8、池永 雅一:9、村田 幸平:10、畑 泰司:11、松田 宙:11、佐藤 太郎:8、水島 恒和:11、土岐 祐一郎:11、森 正樹:11

1:市立豊中病院・外科、2:大阪労災病院・外科、3:大阪国際がんセンター・腫瘍内科、4:大阪医療センター・外科、5:大手前病院・外科、6:八尾市立病院・外科、7:市立貝塚病院・外科、8:大阪大学・先進癌薬物療法開発学、9:市立東大阪医療センター・外科、10:関西労災病院・外科、11:大阪大学・消化器外科

転移性大腸癌患者を対象としたRegorafenib 120mg/day療法の有効性及び安全性の検討

転移進行大腸癌におけるレゴラフェニブ血中濃度測定の有用性についての検討

演題番号 : O3-3

演者)田口 大樹:1、井上 正広:1、吉田 泰一:1、島津 和弘:1、福田 耕二:1、藤田 一馬:2、奥山 浩之:3、松橋 延壽:4、辻 晃仁:3、吉田 和弘:4、三浦 昌朋:2、柴田 浩行:1

1:秋田大学・臨床腫瘍学、2:秋田大学附属病院・薬剤部、3:香川大学・臨床腫瘍学、4:岐阜大学・腫瘍制御学

転移進行大腸癌におけるレゴラフェニブ血中濃度測定の有用性についての検討

bevacizumab投与における血中VEGF値の推移と治療効果への影響

演題番号 : O3-4

演者)原 賢康:1、柳田 剛:1、安藤 菜奈子:1、仲井 希:1、前田 祐三:1、廣川 高久:1、志賀 一慶:1、高橋 広城:1、石黒 秀行:1、松尾 洋一:1、瀧口 修司:1

1:名古屋市立大学・消化器外科

bevacizumab投与における血中VEGF値の推移と治療効果への影響

切除不能・進行再発大腸癌に対してアフリベルセプトを使用した20例の検討

演題番号 : O3-5

演者)賀川 義規:1、村田 幸平:1、内藤 敦:1、河合 賢二:1、阪本 卓也:1、村上 剛平:1、桂 宜輝:1、大村 仁昭:1、益澤 徹:1、竹野 淳:1、武田 裕:1

1:関西労災病院・外科

切除不能・進行再発大腸癌に対してアフリベルセプトを使用した20例の検討

転移性大腸癌三次治療以降における経口マルチキナーゼ阻害薬の開始投与量変更の検証

演題番号 : O3-6

演者)倉地 清隆:1、山本 真義:1、阪田 麻裕:1、上嶋 徳:1、川村 崇文:1、鈴木 雄飛:1、鈴木 克徳:1、菊池 寛利:1、坂口 孝宣:1、竹内 裕也:1

1:浜松医科大学・第二外科

転移性大腸癌三次治療以降における経口マルチキナーゼ阻害薬の開始投与量変更の検証