セッション情報

パネルディスカッション

第55回・2017年・横浜
パネルディスカッション
パネルディスカッション3
「それぞれの生」:患者団体・支援活動はがん医療を変えるか
開催回
第55回・2017年・横浜

小児がん患児と経験者への支援活動と課題

演題番号 : PD3-1

松井 秀文:1

1:認定NPO法人ゴールドリボン・ネットワーク

小児がん患児と経験者への支援活動と課題

プレシジョンメディシンとアドボカシー活動

演題番号 : PD3-2

眞島 喜幸:1

1:特定非営利活動法人パンキャンジャパン

プレシジョンメディシンとアドボカシー活動

乳がん患者団体等の現状と課題

演題番号 : PD3-3

若尾 直子:1

1:山梨まんまくらぶ・代表

乳がん患者団体等の現状と課題

肺がん患者団体の現状と課題

演題番号 : PD3-4

長谷川 一男:1,2

1:特定非営利活動法人肺がん患者の会ワンステップ、2:日本肺がん患者連絡会

肺がん患者団体の現状と課題

大腸がん疾患啓発活動「ブルーリボンキャンペーン」の現状と展望

演題番号 : PD3-5

濱島 明美:1、石黒 めぐみ:2、杉原 健一:3、板橋 道朗:4、室 圭:5、佐藤 太郎:6、金 哲彦:7、小西 敏郎:8、中井 美穂:9

1:認定NPO法人キャンサーネットジャパン、2:東京医科歯科大学・大学院・応用腫瘍学、3:東京医科歯科大学、4:東京女子医科大学・消化器・一般外科、5:愛知県がんセンター中央病院・薬物療法部、6:大阪大学・大学院医学系研究科・先進癌薬物療法開発学寄附講座、7:プロランニングコーチ、8:東京医療保健大学、9:フリーアナウンサー

大腸がん疾患啓発活動「ブルーリボンキャンペーン」の現状と展望

患者団体の連合体組織からみた現状と課題

演題番号 : PD3-6

天野 慎介:1

1:一般社団法人全国がん患者団体連合会

患者団体の連合体組織からみた現状と課題

演題番号 : -

コメンテーター)門田 守人:1

1:堺市立病院機構/がん対策推進協議会

-