セッション情報

デジタルポスター

第55回・2017年・横浜
デジタルポスター
デジタルポスター97
NET・胆のう
開催回
第55回・2017年・横浜

傍腫瘍性神経症候群を契機に診断されたメルケル細胞癌の1例

演題番号 : P97-1

羽田野 貴裕:1、三浦 大典:2、齋藤 亜由美:2、小山 隆文:2、池 成基:2、宮地 康僚:2、大山 優:2

1:医療法人鉄蕉会亀田総合病院・卒後研修センター、2:医療法人鉄蕉会亀田総合病院・腫瘍内科

傍腫瘍性神経症候群を契機に診断されたメルケル細胞癌の1例

mFOLFOX6+bevacizumabが完全奏功した上行結腸神経内分泌細胞癌の1例

演題番号 : P97-2

佐竹 昌也:1,2、吉松 和彦:1,2、伊藤 嘉智:1、浅香 晋一:1,2、今泉 理枝:1、佐野 恵美:1,2、上原 咲恵子:1、小寺 麻加:1,2、宮野 裕:1、小池 太郎:1、成高 義彦:2

1:社会福祉法人恩賜財団済生会支部埼玉県済生会栗橋病院、2:東京女子医科大学・東医療センター

mFOLFOX6+bevacizumabが完全奏功した上行結腸神経内分泌細胞癌の1例

多発肝転移を来した膵神経内分泌腫瘍に対しストレプトゾシンを用い奏功を得ている1例

演題番号 : P97-3

永田 博美:1、永生 高広:1、田代 恵太:1、山﨑 健司:1、星川 真有美:1、西川 誠:1、野呂 拓史:1、青笹 季文:1、守屋 智之:1、山﨑 民大:1、辻本 広紀:1、長谷 和生:1、上野 秀樹:1、山本 順司:1

1:防衛医科大学校・病院・外科学講座1・3

多発肝転移を来した膵神経内分泌腫瘍に対しストレプトゾシンを用い奏功を得ている1例

十二指腸乳頭部神経内分泌癌の1切除例

演題番号 : P97-4

井関 康仁:1、中川 泰生:1、小川 正文:1、山本 時彦:1、福岡 達成:2

1:山本第三病院・外科、2:大阪市立大学・大学院医学研究科・腫瘍外科

十二指腸乳頭部神経内分泌癌の1切除例

胆嚢内の浮遊塊として存在した胆嚢癌の1例

演題番号 : P97-5

熊谷 健太:1、渡辺 剛:1、渡邊 翼:1、吉岡 政人:1、打波 宇:1、山本 雄造:1

1:秋田大学・大学院医学系研究科・消化器外科

胆嚢内の浮遊塊として存在した胆嚢癌の1例

胆嚢原発のMALTリンパ腫の1例

演題番号 : P97-6

上 奈津子:1、田中 栄一:1、早馬 聡:1、野村 友祐:2、渡會 博志:1、三橋 洋介:1、松本 哲:1、越湖 進:1

1:札幌消化器中央総合病院・消化器外科、2:札幌消化器中央総合病院・消化器内科

胆嚢原発のMALTリンパ腫の1例