セッション情報

デジタルポスター

第55回・2017年・横浜
デジタルポスター
デジタルポスター123
皮膚
開催回
第55回・2017年・横浜

非黒色腫性皮膚悪性腫瘍における超音波検査を用いたリンパ節転移評価

演題番号 : P123-1

村上 拓生:1、緒方 大:1、里村 英恵:1、柳澤 宏人:1、中村 晃一郎:1、倉持 朗:1、土田 哲也:1

1:埼玉医科大学・皮膚科

非黒色腫性皮膚悪性腫瘍における超音波検査を用いたリンパ節転移評価

悪性黒色腫患者におけるNivolumab再投与の有効性と安全性

演題番号 : P123-2

野村 基雄:1、大塚 篤:2、永井 宏樹:1、野々村 優美:2、加来 洋:2、松本 繁巳:1

1:京都大学・がん薬物治療科、2:京都大学・皮膚科

悪性黒色腫患者におけるNivolumab再投与の有効性と安全性

隆起性皮膚繊維肉腫61例の臨床病理学的検討

演題番号 : P123-3

武藤 雄介:1、山崎 直也:1、並川 健二郎:1、高橋 聡:1、陣内 駿一:1、鹿毛 勇太:1、堤田 新:1

1:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・皮膚腫瘍科

隆起性皮膚繊維肉腫61例の臨床病理学的検討

がん化学療法患者に対するスキンケア指導の評価

演題番号 : P123-4

小松 美奈子:2、嶋田 顕:1、小林 功治:1、戸嶋 洋和:1、久松 篤:1、柏崎 純子:2

1:昭和大学江東豊洲病院・腫瘍内科、2:昭和大学江東豊洲病院・看護部

がん化学療法患者に対するスキンケア指導の評価

京都大学附属病院におけるメラノーマユニット

演題番号 : P123-5

野村 基雄:1、大塚 篤司:2、永井 宏樹:1、野々村 優美:2、加来 洋:2、松本 繁巳:1

1:京都大学・医学部附属病院・がん薬物治療科、2:京都大学・医学部附属病院・皮膚科

京都大学附属病院におけるメラノーマユニット

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に併存した非HIV関連カポジ肉腫の一例

演題番号 : P123-6

長谷川 依子:1、小西 博:3、渡邉 玲:4、瀬尾 幸子:2、岡元 るみ子:1

1:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院・腫瘍内科、2:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院・血液腫瘍科、3:社会医療法人社団木下会千葉西総合病院・血液内科、4:国立研究開発法人国立がん研究センター東病院・皮膚科

びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に併存した非HIV関連カポジ肉腫の一例

Phase I Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 oncolytic Immunotherapy, in Patients with Refractory Superficial Cancers

演題番号 : P123-7

並川 健二郎:1、高橋 聡:1、堤田 新:1、田中 舞紀:2、山崎 直也:1

1:国立研究開発法人国立がん研究センター中央病院・皮膚腫瘍科、2:タカラバイオ株式会社

Phase I Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 oncolytic Immunotherapy, in Patients with Refractory Superficial Cancers

Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Virus, and Ipilimumab Combination Treatment in Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma Patients

演題番号 : P123-8

Robert H.I. Andtbacka:1、Merrick Ross:2、Sanjiv S. Agarwala:3、Matthew Taylor:4、John Vetto:4、Rogerio I. Neves:5、Adil Daud:6、Hung T. Khong:1、Richard S. Ungerleider:7、Maki Tanaka:8、Kenneth F. Grossmann:1

1:Huntsman Cancer Institute, University of Utah, Salt Lake City, UT、2:The University of Texas MD Anderson Cancer Center, Houston, TX、3:St. Luke's Medical Center, Easton, PA and Temple university、4:Knight Cancer Institute, Oregon Health and Science University, Portland, OR、5:Penn State Hershey Cancer Institute, Hershey, PA、6:UC San Francisco, San Francisco, CA、7:Theradex Oncology, Princeton, NJ、8:Takara Bio. Inc, Shiga, Japan

Final Results of a Phase II Multicenter Trial of HF10, a Replication-competent HSV-1 Oncolytic Virus, and Ipilimumab Combination Treatment in Stage IIIB-IV Unresectable or Metastatic Melanoma Patients