セッション情報

デジタルポスター

第55回・2017年・横浜
デジタルポスター
デジタルポスター122
悪性黒色腫
開催回
第55回・2017年・横浜

次世代シークエンス技術を用いた日本人悪性黒色腫の体細胞遺伝子変異の検出

演題番号 : P122-1

寺本 由紀子:1、中村 泰大:1、松谷 泰祐:1、浅見 友梨:1、山本 明史:1、江口 英孝:2

1:埼玉医科大学・国際医療センター・皮膚腫瘍科・皮膚科、2:埼玉医科大学・ゲノム医学研究センター・トランスレーショナルリサーチ部門

次世代シークエンス技術を用いた日本人悪性黒色腫の体細胞遺伝子変異の検出

進行期悪性黒色腫でのNeuron-specific enolase (NSE) のバイオマーカーとしての検討

演題番号 : P122-2

佐藤 さゆり:1、加藤 潤史:1、山田 茉生:1、澤田 匡秀:1、高橋 仁美:1、神谷 詩織:1、堀本 浩平:1、宇原 久:1

1:札幌医科大学・附属病院・皮膚科

進行期悪性黒色腫でのNeuron-specific enolase (NSE) のバイオマーカーとしての検討

当院における粘膜悪性黒色腫10例の治療成績

演題番号 : P122-3

池 成基:1、三浦 大輔:1、宮地 康僚:1、斉藤 亜由美:1、大山 優:1

1:医療法人鉄蕉会亀田総合病院・腫瘍内科

当院における粘膜悪性黒色腫10例の治療成績

切除不能悪性黒色腫に対するニボルマブ奏効例の継続と中止について

演題番号 : P122-4

吉川 周佐:1、清原 祥夫:1、大塚 正樹:1、川平 尚生:1

1:静岡県立静岡がんセンター・皮膚科

切除不能悪性黒色腫に対するニボルマブ奏効例の継続と中止について

ニボルマブ抵抗性悪性黒色腫に対するイピリムマブの効果

演題番号 : P122-5

内 博史:1、藤澤 康弘:2、吉野 公二:3、大塚 篤司:4、舩越 建:5、藤村 卓:6、松下 茂人:7、山本 有紀:8、秦 洋郎:9

1:九州大学・大学院医学研究院・皮膚科学、2:筑波大学・皮膚科学、3:がん・感染症センター都立駒込病院・皮膚科、4:京都大学・大学院医学研究科・皮膚科学、5:慶應義塾大学・医学部・皮膚科学、6:東北大学・大学院・皮膚科学、7:独立行政法人国立病院機構鹿児島医療センター・皮膚科、8:和歌山県立医科大学・附属病院・皮膚科、9:北海道大学・大学院医学研究科・皮膚科学

ニボルマブ抵抗性悪性黒色腫に対するイピリムマブの効果