セッション情報

一般口演

第55回・2017年・横浜
一般口演
一般口演31
大腸 化学療法 3
開催回
第55回・2017年・横浜

XELOX療法の血管痛に対するCelecoxibの有用性を検討する無作為化第II相試験(YCOG1205)

演題番号 : O31-1

中川 和也:1、渡邉 純:1、渡辺 一輝:6、斎藤 修治:8、諏訪 宏和:7、諏訪 雄亮:1、樅山 将士:2、石部 敦士:2、大場 真梨:5、湯川 寛夫:1、大田 貢由:4、田中 邦哉:1、市川 靖史:3、國崎 主税:1、遠藤 格:2

1:横浜市立大学・附属市民総合医療センター・消化器病センター、2:横浜市立大学・大学院・消化器・腫瘍外科学、3:横浜市立大学・大学院・がん総合医科学、4:横浜市立大学・附属病院・次世代臨床研究センター、5:横浜市立大学・大学院・臨床統計学、6:NTT東日本関東病院・外科、7:国家公務員共済組合連合会横須賀共済病院・外科、8:独立行政法人国立病院機構横浜医療センター・外科

XELOX療法の血管痛に対するCelecoxibの有用性を検討する無作為化第II相試験(YCOG1205)

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 原発部位による解析

演題番号 : O31-2

畑中 一映:1、結城 敏志:2、辻 靖:3、小林 良充:4、吉田 俊太郎:5、奥田 博介:6、佐々木 尚英:7、太宰 昌佳:8、紺野 潤:9、中村 路夫:10、太田 智之:11、本田 琢也:12、石黒 敦:13、坂田 優:14、小松 嘉人:15

1:市立函館病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・消化器内科、3:KKR札幌医療センター斗南病院・腫瘍内科、4:独立行政法人労働者健康安全機構釧路労災病院・腫瘍内科、5:東京大学・医学部附属病院・消化器内科、6:社会医療法人恵佑会札幌病院・腫瘍内科、7:医療法人彰和会北海道消化器科病院・内科、8:NTT東日本札幌病院・消化器内科、9:社会福祉法人函館厚生院函館中央病院・消化器内科、10:市立札幌病院・消化器内科、11:医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院・消化器センター、12:長崎大学・病院・消化器内科、13:医療法人渓仁会手稲渓仁会病院・腫瘍内科、14:三沢市立三沢病院、15:北海道大学・病院・腫瘍センター

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 原発部位による解析

大腸癌レゴラフェニブ療法に対する経口ステロイドの検討(KSCC1402/HGCSG1402)

演題番号 : O31-3

白石 猛:1、佐竹 悠良:2、宮本 裕士:3、谷岡 洋亮:4、辻 晃仁:5、朝山 雅子:6、結城 敏志:7、小髙 雅人:8、牧山 明資:9、小松 嘉人:10、佐伯 浩司:11、沖 英次:11、江見 泰徳:11,12、馬場 秀夫:3、前原 喜彦:11

1:日本赤十字社松山赤十字病院・臨床腫瘍科、2:地方独立行政法人神戸市民病院機構神戸市立医療センター中央市民病院・腫瘍内科、3:熊本大学・大学院・消化器外科学、4:独立行政法人労働者健康安全機構岡山労災病院・腫瘍内科、5:香川大学・医学部・臨床腫瘍学、6:埼玉県立がんセンター・消化器内科、7:北海道大学・大学院医学研究科・消化器内科、8:医療法人薫風会佐野病院・消化器がんセンター、9:独立行政法人・地域医療機能推進機構九州病院・血液・腫瘍内科、10:北海道大学・病院・腫瘍センター、11:九州大学・大学院医学研究院・消化器・総合外科、12:社会福祉法人恩賜財団済生会支部福岡県済生会福岡総合病院・外科

大腸癌レゴラフェニブ療法に対する経口ステロイドの検討(KSCC1402/HGCSG1402)

切除不能進行/再発結腸直腸癌症例に対するTAS-102投与症例の後方視的検討:HGCSG1503

演題番号 : O31-4

結城 敏志:1、小松 嘉人:2、中村 路夫:3、斎藤 聡:4、進藤 吉明:5、小池 雅彦:6、太田 栄:7、加藤 寛士:8、佐藤 温:9、舘山 美樹:10、植田 亮:11、福永 亮朗:12、加藤 総介:13、坂本 直哉:1、坂田 優:14

1:北海道大学・病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・腫瘍センター、3:市立札幌病院・消化器内科、4:三沢市立三沢病院・腫瘍内科、5:医療法人明和会中通総合病院・消化器外科、6:KKR札幌医療センター・消化器外科、7:市立秋田総合病院・外科、8:岩見沢市立総合病院・消化器内科、9:弘前大学・大学院医学研究科・腫瘍内科学講座、10:医療法人社団養生館苫小牧日翔病院・内科、11:日本赤十字社富山赤十字病院・腫瘍内科、12:市立旭川病院・消化器外科、13:社会医療法人北楡会札幌北楡病院・消化器内科、14:三沢市立三沢病院

切除不能進行/再発結腸直腸癌症例に対するTAS-102投与症例の後方視的検討:HGCSG1503

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 減量開始の意義

演題番号 : O31-5

結城 敏志:1、小松 嘉人:1,2、八木澤 允貴:1,2、村中 徹人:1,2、原田 一顕:3、武藤 理:4、加藤 総介:5、佐藤 温:6、阿部 雅一:7、青沼 彩音:8、小野寺 馨:9、江藤 和範:10、舘山 美樹:11、坂本 直哉:1、坂田 優:12

1:北海道大学・病院・消化器内科、2:北海道大学・病院・腫瘍センター、3:独立行政法人労働者健康安全機構釧路労災病院・腫瘍内科、4:日本赤十字社秋田赤十字病院・腫瘍内科、5:社会医療法人北楡会札幌北楡病院・消化器内科、6:弘前大学・大学院医学研究科・腫瘍内科学講座、7:JA北海道厚生連北海道厚生農業協同組合連合会札幌厚生病院・化学療法内科、8:岩見沢市立総合病院・消化器内科、9:札幌医科大学・附属病院・消化器内科、10:苫小牧市立病院・消化器内科、11:医療法人社団養生館苫小牧日翔病院・内科、12:三沢市立三沢病院・CEO

切除不能大腸癌に対するレゴラフェニブの後方視的研究[HGCSG1401] 減量開始の意義

前治療における腫瘍増殖速度がレゴラフェニブとTAS-102の抗腫瘍効果に与える影響

演題番号 : O31-6

舛石 俊樹:1、谷口 浩也:1、川上 武志:2、川本 泰之:3、門脇 重憲:1、小野澤 祐輔:4、村中 徹人:3、田近 正洋:5、安井 博史:2、中積 宏之:3、結城 敏志:6、室 圭:1、大前 勝弘:7、小松 嘉人:3、山﨑 健太郎:2

1:愛知県がんセンター中央病院・薬物療法部、2:静岡県立静岡がんセンター・消化器内科、3:北海道大学・病院・腫瘍センター、4:静岡県立静岡がんセンター・原発不明科、5:愛知県がんセンター中央病院・内視鏡部、6:北海道大学・病院・消化器内科、7:静岡県立静岡がんセンター・臨床研究支援センター

前治療における腫瘍増殖速度がレゴラフェニブとTAS-102の抗腫瘍効果に与える影響

切除不能進行再発大腸癌サルベージラインとしてのTAS-102とRegorafenibの治療成績

演題番号 : O31-7

木村 慶:1、野田 雅史:1、今田 絢子:1、宋 智亨:1、濱中 美千子:1、馬場谷 彰仁:1、小林 政義:1、塚本 潔:1、山野 智基:1、池田 正孝:1、冨田 尚裕:1

1:兵庫医科大学・下部消化管外科

切除不能進行再発大腸癌サルベージラインとしてのTAS-102とRegorafenibの治療成績