セッション情報

一般口演

第55回・2017年・横浜
一般口演
一般口演16
乳腺 基礎
開催回
第55回・2017年・横浜

ベバシズマブによる急性低酸素の誘導とがん進展に関する核医学的・分子生物学的考察

演題番号 : O16-2

上田 重人:1、佐伯 俊昭:1、大崎 昭彦:1、山根 登茂彦:2、久慈 一英:2

1:埼玉医科大学・国際医療センター・乳腺腫瘍科、2:埼玉医科大学・国際医療センター・核医学科

ベバシズマブによる急性低酸素の誘導とがん進展に関する核医学的・分子生物学的考察

セルブロックを用いた乳癌転移巣細胞診検体の受容体検査の臨床的検討

演題番号 : O16-3

永山 愛子:1、松井 哲:1、村田 有也:2、増田 慎三:3、森 淸:4、高橋 將人:5、山城 勝重:6、青儀 健二郎:7、前田 茂人:8、伊東 正博:9、尾崎 真治:10、佐藤 康幸:11、徳永 えり子:12、渡辺 隆紀:13、西村 理恵子:14

1:独立行政法人国立病院機構東京医療センター・外科、2:独立行政法人国立病院機構東京医療センター・臨床検査科、3:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター・乳腺外科、4:独立行政法人国立病院機構大阪医療センター・臨床検査科、5:独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター・乳腺外科、6:独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター・病理診断科、7:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター・乳腺外科、8:独立行政法人国立病院機構長崎医療センター・外科、9:独立行政法人国立病院機構長崎医療センター・臨床研究センター、10:独立行政法人国立病院機構呉医療センター・乳腺外科、11:独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター・乳腺外科、12:独立行政法人国立病院機構九州がんセンター・乳腺科、13:独立行政法人国立病院機構仙台医療センター・乳腺外科、14:独立行政法人国立病院機構四国がんセンター・臨床検査科

セルブロックを用いた乳癌転移巣細胞診検体の受容体検査の臨床的検討

AC療法施行乳癌患者における発熱性好中球減少症発現に関連する因子の検討

演題番号 : O16-5

中森 春美:1、辻 大樹:1、山本 圭祐:2、金 容壱:3、大嶽 亜季:1、横井 茉里:1、長田 茉花:1、松本 恵実:1、伊藤 邦彦:1

1:静岡県立大学・薬学部・臨床薬効解析学分野、2:社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院・薬剤部、3:社会福祉法人聖隷福祉事業団総合病院聖隷浜松病院・化学療法科

AC療法施行乳癌患者における発熱性好中球減少症発現に関連する因子の検討

Trastuzumab emtansine耐性後のtrastuzumab + pertuzumab併用療法の有用性検討

演題番号 : O16-6

山下 依子:1、周 正:1、望月 万里江:1、藤村 多嘉朗:1、河野 美玲:1、原田 直樹:1、吉村 康史:1

1:中外製薬株式会社・プロダクトリサーチ部

Trastuzumab emtansine耐性後のtrastuzumab + pertuzumab併用療法の有用性検討