セッション情報

一般口演

第55回・2017年・横浜
一般口演
一般口演12
生殖医療
開催回
第55回・2017年・横浜

若年乳がん患者348名における、がん・生殖医療に関する後方視的検討

演題番号 : O12-1

西島 千絵:1、鈴木 由妃:1、吉岡 伸人:1、杉下 陽堂:1、高江 正道:1、洞下 由記:1、津川 浩一郎:2、鈴木 直:1

1:聖マリアンナ医科大学・産婦人科学、2:聖マリアンナ医科大学・乳腺・内分泌外科

若年乳がん患者348名における、がん・生殖医療に関する後方視的検討

当院における若年乳癌患者のがん・生殖医療の現況と課題

演題番号 : O12-2

北村 美奈:1、河合 由紀:1,2,5、木村 文則:3,5、冨田 香:1、加藤 久尚:1、坂井 幸子:1、森 毅:1、梅田 朋子:1,4、田崎 亜希子:2,5、清水 智治:1,2,5、村上 節:3,5、谷 眞至:1

1:滋賀医科大学・消化器・乳腺一般外科、2:滋賀医科大学附属病院・腫瘍センター、3:滋賀医科大学・産科学婦人科学講座、4:独立行政法人地域医療機能推進機構滋賀病院、5:滋賀がん・生殖医療ネットワーク

当院における若年乳癌患者のがん・生殖医療の現況と課題

悪性腫瘍患者の妊孕性温存(FP)目的で卵巣凍結保存を必要とする患者数の検討

演題番号 : O12-3

京野 廣一:1,2,3、中村 祐介:2,3、佐々木 千紗:2,3、柴崎 世菜:2,3、小倉 友里奈:1,3、奥山 紀之:1,3、小幡 隆一郎:1,3、青野 展也:1,2,3、橋本 朋子:1,3、小泉 雅江:1,2、戸屋 真由美:2、五十嵐 秀樹:1,2

1:京野アートクリニック高輪、2:京野アートクリニック、3:京野アートクリニック品川

悪性腫瘍患者の妊孕性温存(FP)目的で卵巣凍結保存を必要とする患者数の検討

悪性腫瘍患者の妊孕性温存治療の現況

演題番号 : O12-4

秋谷 文:1、塩田 恭子:1

1:聖路加国際病院・女性総合診療部

悪性腫瘍患者の妊孕性温存治療の現況

肥満を合併した若年子宮体癌患者に対する妊孕性温存ホルモン療法の検討

演題番号 : O12-5

山上 亘:1、進 伸幸:1,2、平野 卓朗:1、真壁 健:1、坂井 健良:1、二宮 委美:1、小林 佑介:1、野村 弘行:1、片岡 史夫:1、平沢 晃:1、阪埜 浩司:1、青木 大輔:1

1:慶應義塾大学・医学部・産婦人科学教室、2:国際医療福祉大学・医学部産婦人科

肥満を合併した若年子宮体癌患者に対する妊孕性温存ホルモン療法の検討

黄体ホルモン療法を行う若年子宮内膜癌患者に対して、カベルゴリンは妊孕性を温存する

演題番号 : O12-6

山口 宗影:1、齋藤 文誉:1、田代 浩徳:2、本田 律生:1、大場 隆:1、片渕 秀隆:1

1:熊本大学・大学院生命科学研究部・産科婦人科学、2:熊本大学・大学院生命科学研究部・母子看護学

黄体ホルモン療法を行う若年子宮内膜癌患者に対して、カベルゴリンは妊孕性を温存する

妊孕性温存治療を施行した小児悪性固形腫瘍症例のまとめ

演題番号 : O12-7

宮地 充:1、柳生 茂希:1、土屋 邦彦:1、家原 知子:1、細井 創:1

1:京都府立医科大学・大学院医学研究科・小児科学

妊孕性温存治療を施行した小児悪性固形腫瘍症例のまとめ